Home > AVシリーズ Archive

AVシリーズ カテゴリー91件

AV強要問題、時間停止AV、出会って即ハメAVはセーフなのか!?

AV強要問題、時間停止AV、出会vって即ハメAVはセーフなのか!?
◆AV出演強要、「被害者」個人攻撃に懸念
アダルトビデオ(AV)への出演強要問題に絡み、証言した“被害者"らを名指しで非難するインターネット上の書き込みが相次いでいる。これに対し、現役の人気AV女優Aさん(20代)は、「セカンドレ●プになってしまう。2次被害につながる」と懸念を示した。一方、被害のみが大きく取り上げられる現状について、「ごく一部の問題がまるで業界全体に広がっているかのように誤解されている」とも訴えた。 演強要問題を巡っては、今年3月の人権団体による告発の直後から、現役のAV女優らが相次いでソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)上で、「そんな人(被害者)は見たことがない」「今の業界はクリーン」などと反論した。しかし、6月に大手AVプロダクション「マークスジャパン」の元社長らが労働者派遣法違反容疑で逮捕されると、逆に「業界擁護発言」をしていた女優らを攻撃する書き込みが増加。さらに、同社からの強要被害を警察に届け出た元AV女優の個人名がネット上に書き込まれた後は、「何百本も出ているのに強要なんてあり得ない」などと非難が集中した。Aさんは、「(元女優は)かなり追い詰められているのでは」と心配し、こうした非難の応酬について、「業界内の人も外の人も、自分が見ていることしか言わないので嫌になった。話がまったくかみ合っていなかった」と振り返った。また、Aさんは2回目のインタビュー動画掲載後の18日に改めて取材に応じ、「確かに被害がないわけではないと思うが、ほとんどの出演者はきちんと整えられた環境で真面目にひたむきに仕事をしている」と強調。出演強要などを巡る議論を契機に、「私のようにこの仕事を好きでやっている人たちがより安心して働けるようになればいい」と願いを込めた。
◆AV出演強要、ユーチューバーの過去 「音楽デビュー信じた自分」
若い女性がアダルトビデオ(AV)に無理に出演させられる経緯には、夢をかなえたい気持ちを巧みに利用される場合も少なくない。動画投稿サイト「ユーチューブ」を活動の主舞台とするユーチューバーのくるみんアロマさん(26)は、所属した事務所の「音楽デビューさせるよ」という言葉を信じた。雑誌でのヌード撮影からAV出演に至るまで、「だまされた」と過去を振り返った。「グラビアをできる人を探しているんだけど」大学4年生だった2012年夏、東京・新宿を歩いている時に、スカウトの男性から声を掛けられた。
意を決してヌードの仕事をしたが、事務所は音楽活動への後押しはしてくれなかった。それどころか「AVに出ないと、今後の仕事はない」と切り出してきた。「芸能界でグラビアアイドルの地位は低いけど、AV女優はすごくレベルが高いんだ」「『脱ぎ損』という言葉は知っている? ヌードで終わったら格好悪いよ」「AVに出て格好良くやったら、次の仕事も保証するよ」事務所に行くと、「社長」とマネジャー役の男性ら5、6人に囲まれ説得された。AVへの出演は無理だというと、「あなたワガママだから」と怒鳴られることもあった。自分の意見は聴いてもらえず、いつも泣きながら帰った。
時間停止出会って即ハメAV強要_01
AV強要問題、時間停止AV、出会って即ハメAVはセーフなのか!?の続きを読む

DMMから次々とAVが削除されている!?

DMMから次々とAVが削除されている!?
◆バイト感覚で登録 「AV」記載なく 出演強要された被害女性が証言
女性をアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣していたとして、警視庁が都内のプロダクション元社長らを労働者派遣法違反(有害業務就業目的派遣)の疑いで逮捕した。モデルへの憧れを巧みに利用したこの種の勧誘は多い。無理やり出演させられたある二十代の女性が「私のように巻き込まれる女性をもう出したくない」と本紙の取材に体験を語った。 大学生の頃、アルバイト先で「グラビアのバイトをしてみない?」と持ち掛けられたのが始まりだった。「話を聞くだけ」と気軽に応じた。男性社員ばかりのプロダクション事務所に行くと、「登録だけしておこうか」と優しく言われた。派遣のバイトに登録する感覚で身分証のコピーを渡し、書面に名前と連絡先、住所、生年月日、大学名を書いた。書面に「AV」の記載はなく、グラビア撮影と思った。事務所併設のスタジオで証明写真を撮られた。「体に傷がないか確認したい」と上半身裸の写真も。「みんなやっているからね」と説明された。
数日後に制作会社で面接を受け、さらに数日後、プロダクションから「AV出演が決まった」と連絡があり、ようやく事の重大さに気づいた。「絶対に嫌です」。狭い応接室で三時間以上、泣いて懇願したが、三人の男性に囲まれ、どう喝され続けた。身分証や裸の写真が脳裏をよぎった。「契約書へのサインがある。違約金を払えるのか」「親や大学にばらす。親は泣くぞ」誰にも相談できないまま、この状況を招いたのは自分の至らなさのせいだと思い「私さえ我慢すれば」と追い込まれていった。撮影は次第に過激になった。両手足を縛られ、複数人の男性を相手にした。「あまりにも恥ずかしくて屈辱的で…。自分を守るには、心を閉ざして、忘れるしかないって」撮影は五年間続き、出演は百本を超えた。卒業後に入社した会社で、出演を見つけた男性の同僚から「君はだまされている」と諭され、われに返った。支配され続けることで心が壊れたのか、医師からは、自分の身体が極度に醜いと思い込む「醜形恐怖症」と診断された。自身を肯定できなくなっていた。見られているという恐怖と悔しさが、まだ消えないという。「AV業界は今、特殊な世界ではなく、ちょっとした心の隙があれば、誰でも取り込まれる危険がある」。女性は何度も繰り返した。
◆AV業界全体に壊滅的な打撃か 強要被害70人超が告発準備
アダルトビデオ(AV)への出演を女性に強要したとしてAVプロダクションの元社長らが逮捕された事件が波紋を広げている。女性は100本以上の作品に出演させられていたという。同じような被害を受けた女性は少なくなく、「告発の準備をしている女性は、少なくとも70人以上に及ぶ」(関係者)。大規模な捜査に発展する可能性も出てきた。警視庁が11日、労働者派遣法違反容疑で逮捕したのは、大手AVプロダクション「マークスジャパン」(東京都渋谷区)の元社長、村山典秀容疑者(49)と、社長の古指(こざす)●(=隆の生の上に一)士容疑者(50)ら3人。被害女性は2009年、当時社長だった村山容疑者と面接し、「グラビアモデルとして契約してもらう」と説明され、契約書にサインした。 契約書には「成人向けの作品も出演する」と書かれており、AVの撮影現場に連れて行かれた女性が拒否すると契約書を盾に「違約金を払え」などと脅されて撮影を強行されたという。AV出演強要の被害防止や被害者救済の活動を行う人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」(事務局長・伊藤和子弁護士)には、「70人以上の女性が相談に訪れ、その多くが警察に訴える構えをみせている」(捜査関係者)という。プロダクション関係者は「70人以上が一気に被害届を出せば、多くのメーカーやプロダクションに捜査のメスが入る。そうなると、AV業界全体が壊滅的な打撃を受ける」とも話す。
DMMAV削除_01
DMMから次々とAVが削除されている!?の続きを読む

AV出演強要問題 日本政府介入か!?

AV出演強要問題 日本政府介入か!?
◆AV強要問題 「芸能活動、実は…」被害女性が実態語る
芸能活動などの契約など結んだ女性が、アダルトビデオへの出演を強要される被害を考えるシンポジウムが26日、参議院議員会館(東京・千代田区)で開かれた。会場では被害女性がビデオ・メッセージを通じ、被害の実態を詳細に語った。NPO法人「人身取引被害者サポートセンターライトハウス」(東京都)によると、アダルトビデオ出演に関する相談は2013年から今年4月末までに計120件。出演時の年齢は8割が18〜25歳だった。アダルトビデオと知らされずに撮影され、撮影後に契約を強要されたり、出演を拒否したら高額な違約金が発生すると言われたケースもあったという。主催した人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN)の伊藤和子事務局長は「一人で抱え込まないで弁護士や専門機関に相談してほしい」などと訴えた。
◆AV出演を強要された女性「息ができなくなるくらい苦しかった」
若い女性たちが意に反するかたちでアダルトビデオ(AV)への出演を強要されている問題について考えるシンポジウムが5月26日、東京・永田町の参議院議員会館で開かれた。主催は今年3月に被害実態の調査報告書を発表したNPO法人ヒューマンライツ・ナウ。弁護士や被害者支援団体の代表らが登壇し、実態を語った。シンポジウムの冒頭には、実際に被害にあったという女性がVTRで登場した。女性のプライバシーへの配慮から、顔を映さず、声も変えた映像だった。女性は、ときおり声を震わせながら「息ができなくなるくらい苦しかった」「心が死んだようになっていた」と自身の体験を振り返った。女性は、もともとグラビアの仕事として紹介され、面接を受けたが、その後にAV出演が決まったとの連絡がきた。すぐに断ろうとしたが、数時間におよぶ説得によって疲弊してしまい、最終的に出演せざるをえない状況に追い込まれたという。女性によると、契約によって、数本の出演が決まっていたことから、1本目の出演後に拒否しようとしても、「いまさら嫌だというなら親に知らせるぞ」「大学にいうぞ」「違約金を払え」と繰り返しおどされたそうだ。女性は「恐怖、後悔、恥ずかしさ、自分を責める気持ちでいっぱいだった」「心が死んだようになっていた」と当時を振り返った。現在は、支援を受けて、AV出演をやめることができたが、「AVをやっていた期間よりも、その後の人生が長い。ずっとその事実を背負って生きていかないといけないという心の負担が大きい」と話した。
●「業界を全部撲滅したいということは考えていない」
AV出演についての相談を受けているNPO法人ライトハウスの藤原志帆子代表によると、2013年から2016年4月末までの相談件数は計120件にのぼる。(2015年4月以降は、ヒューマンライツ・ナウ調査報告書に協力した「ポルノ被害と性暴力を考える会」と合計した数)。その多くは女性だが、1割弱ほどは男性からの相談も存在する。AV撮影と聞かされずに性行為などを撮影され、その後に契約させられたケースや、拒否しても高額な違約金がかかるといわれたケースなどがあったという。藤原氏は「出演強要の被害だけでなく、『地方のラブホテルでしか放映されない』といったウソの説明がおこなわれた事例もあった」と説明した。
AV出演強要問題_01
AV出演強要問題 日本政府介入か!?の続きを読む

月21回以上の射精で癌リスクが2割減

月21回以上の射精で癌リスクが2割減
◆米ハーバード大学の研究結果、「月21回以上で前立腺癌リスク2割減」
社会の高齢化に伴い、前立腺がんの罹患数が増え続けている。2015年に国立がん研究センターが発表した1年間の罹患数予測で、前立腺がんは9万8400人に増加し、部位別で男性のがんのトップに立っている。 そんな前立腺がんの予防について、画期的な研究が進められている。3月末、米ハーバード大学の研究チームが欧州泌尿器科専門誌「ヨーロピアン・ユーロロジー」(電子版)で、〈1か月あたり21回の射精をすると、前立腺がんの発症リスクが2割も低くなる〉という研究結果を発表したのだ。
 実は10年ほど前から射精回数の多さが前立腺がんリスクを減らすという研究結果が、欧米では報告されていた。2004年に米医師会誌『JAMA』に掲載された米国の調査では、1992年に46~81歳だった男性、約3万人を2000年まで調べたところ、20代当時の1か月あたりの射精回数が21回以上の人では、4~7回の人に比べて将来的に前立腺がんを発症する確率が3分の1だったという。今回の調査は、この対象者をさらに2010年まで追跡調査したものである。前回と同じく20代の頃の1か月当たりの射精回数が21回以上の人は、4~7回の人に比べて前立腺がんの危険性は19%低かった。さらに今回は40代の頃の射精回数も調査したところ、月に21回以上の人では、22%もリスクが低いことがわかった。
 1週間で約5回の射精は人によっては「多い」と思うかもしれないが、がんを防ぐとあっては見過ごせない。研究チームの一員で、ボストン大学大学院准教授のジェニファー・ライダー氏が言う。
「射精が前立腺における細胞のがん物質の蓄積を制限する、という仮説を立てて、この研究はスタートしました。長年の研究により、それが裏付けられた形です。我々のチームは現在、前立腺がん患者の研究を行なう保健機関から腫瘍のデータを手に入れ、射精回数と前立腺の生物学的変異の関係を調べています。今後、さらに詳細な結果を発表できるよう研究を進めていきます」
◆乙武さん不倫騒動で露呈、根深い障害者の性欲処理問題…30分3千円で射精介助の団体も
『五体不満足』(講談社)のベストセラーで知られ、近頃は参議院選挙への出馬も噂されていた乙武洋匡氏だが、「週刊新潮」(新潮社)の報道により複数女性との不倫が明るみに出た。同氏は、かつて東京都教育委員やスポーツライターなどの職を務めており、その健全とも評価できる経歴を考えれば、イメージ悪化と世間の失望は甚だしいだろう。
 ただ、業界関係者が乙武氏の奔放さや肉食ぶりの暴露を始める一方で、彼の障害に起因する深刻な問題が浮かび上がっている。先天性四肢切断、すなわち両腕と両脚を生まれつき持たない彼は、性欲を自力で処理することが物理的に不可能だという点だ。 そこで今回は、障害者の性欲をめぐる実情に迫ってみたい。まず、ホワイトハンズという団体をご存じだろうか。「新しい“性の公共”をつくる」ことをミッションに掲げ、性機能の低下予防・健康管理の観点から射精介助サービスを実施している一般社団法人である。対象となるのは、脳性麻痺の二次障害や難病による筋萎縮・拘縮・麻痺のため、自力での射精が困難になってしまった男性たちだ。彼らの自宅にケアスタッフが派遣され、料金は30分2800円からという設定。累計利用者は3月1日時点で527人と発表されており、全国18都道府県に及ぶ。利用者は事前にバスタオル1枚とタオル2枚、そしてお湯を準備しておく。公式サイトに掲載されている案内によると、サービスの流れはオムツの交換や陰部の洗浄といった訪問介護と基本的には同じとのこと。射精介助そのものには、ケアスタッフが持参するローションとコンドームが使われ、もちろん介護用手袋を着用して行われるという。緊張してしまう男性もいれば、服用中の薬の副作用で性機能が鈍感になってしまっている男性もいるそうで、ケアに要する時間は利用者によってさまざまだという。こうした一人ひとりに対応するには、障害や性への幅広い知識や経験が求められるのだろうし、ケアスタッフは誰にでも務まる仕事ではなさそうである。
射精癌_01
月21回以上の射精で癌リスクが2割減の続きを読む

おのののか激似AV!!

おのののか激似AV!!
おのののかガチ激似!本中デビューで真正中出し!
AVって「いやらしい」っていうイメージがあったんですけど、むしろ普段より気持ち良かったです。おのののかガチ激似のおのののかマンコに精子をガチ注入!おのののかガチ激似真性中出しデビュー!
売り子からのAVで生ハメ中出しセックスまでやらせて頂いてます!!遂に本中デビュー!!「私って自分から中出ししてって言えなくて……だけど中に出したいって言われたら好きにして!!ってなっちゃう♪」お言葉に甘えて本物精子をドブドブ注入させて頂きます!本当はエッチ大好きな隠れヤリマンが本性を爆発☆超人気売り子が遂に中出しまでやっちゃいました!!
◆おのののかビールの売り子で400杯売っていた
タレントおのののか(24)が3日、東京・六本木ヒルズで、サントリー「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」一日店長来店イベントに出席した。涼しげなショートパンツ姿で登場し、お笑い芸人陣内智則(42)と一緒に来場者へビールを振る舞った。イベントは午前9時半から始まり、朝から来場者と乾杯。「どれも安いし、何人かで来ていろんな種類を飲み比べるのもいいですね。ゴールデンウイークを楽しむためにも、最初の1杯はプレモルで!」と笑顔で語った。東京ドームでビールの売り子経験があり、周りの平均が1日100杯前後のところ、多いときは400杯も売っていたという。秘訣(ひけつ)を聞かれると「たるが15キロくらいあってつらいけど、ハアハア言いながら、笑顔で走るんです」と答え、その場で再現してみせた。野球観戦しながら飲みたい、という陣内に対しては「観戦中にお客さんを見て『あの子かわいいな』とか言いそう。言わない方がいいですよ」と発言し、「言わないですよ!」と突っ込まれていた。
おのののか プロフィール
本名、宮田 真理愛(みやた まりあ)
愛称 ののきゃん
生年月日 1991年12月13日
現年齢 24歳
出身地 東京都
血液型 A型
公称サイズ
身長 169cm
スリーサイズ 83cm 59cm 85cm
ブラジャーサイズ Eカップ
靴のサイズ 24cm
おのののかAV_01
おのののか激似AV!!の続きを読む

ブラマヨ吉田「ネットで無料AVを見るな。AV業界が破綻するぞ。」

ブラマヨ吉田「ネットで無料AVを見るな。AV業界が破綻するぞ。」
無料のAVを皆が見たら、AV女優や監督や男優にギャラがいかなくなっていずれ破綻して存在が無くなる。そうなると素材がなくなるから、当然無料でももう見れない。それはキツい。何で、なのに皆無料を見るんや。この世代で世界の終わりにするつもりか。
◆アダルト込み!DMM.com月額500円の見放題サービス
DMM.comは月額500円(税抜、以下同)でドラマや映画、バラエティー動画が見放題となる動画配信サービス「見放題chライト」を4月25日にスタートした。ネット上では、その安さに加え、アダルト作品が含まれているということで話題になっている。1万作品以上の動画コンテンツを、PCやスマホ、TV、PS4など様々なデバイスで楽しめる「見放題chライト」。大きな特徴は月額500円という安さだ。コンテンツの種類や数は違うが、そのほかの動画見放題サービスと比べてみると、「dTV」が月額500円と同額であるものの、「hulu」が月額933円、「Netflix」が月額650円からとなっており、競合のなかでは、比較的安価に設定していることがわかる。そして、もうひとつ注目すべきは、2000本のアダルト動画もコンテンツに含まれているということ。ツイッターでは、
「神は舞い降りたっ!!」
「DMM月額500円とか安すぎやろ。さらにアダルト2000本とか最高かよ」
「R18もあってこの価格なのは結構な殴り込み
それでも通常作品のラインナップや新作導入タイミングなどが重要だけど」
などと、ネットユーザーから大歓迎の声があがっている。
◆極貧にあえいだ66歳の元AV女優──日本の高齢者はここまで追い詰められていた
DV夫から逃げ出し東京で一人暮らしを始めた女性が、震災で仕事を失う。彼女は“香川夕湖”として62歳でAVデビューするも、すぐに出演依頼が途絶えた。今の環境から必死に抜け出そうともがくが、次から次に悪いことが起きる──。日本の貧困の現状。女性の貧困が社会問題となっている。1990年代までは風俗やAV業界で働けば「高収入」が得られたが、2000年頃から人妻・熟女風俗嬢が急増し、数万円の生活費を稼ぐために普通の主婦がカラダを売っているのが現実だ。東洋経済オンラインでは、風俗業界やアダルトビデオ業界で働く女性を取材し続けてきた中村淳彦氏のルポを「貧困女性の現場」として連載していく。そのスタートに先がけ、2月発刊の中村氏の著書『熟年売春』から、ある熟年女性が直面した貧困の実態をお伝えする。昭和24年生まれ、団塊の世代。高齢女性が「死ねなかったのでAV女優になった」とは凄惨な話だが、その言葉を当たり前のように言う。「15年前に離婚して、50歳のときに一人で東京に来たんですよ。前は仙台に住んでいて、元旦那と3人の子供は仙台に置いてきた。東京に来てからはこの部屋に住んでいます。ずっと目黒のホテルでベッドメイクの仕事をしていたの。おかしくなったのは、東北の震災から。そのホテルは外人がメインのお客さんだったけど、突然旅行客がホテルに来なくなった。それでベッドメイクを解雇になった。私、その後に仕事を一生懸命探した。毎日、毎日探した。でも、どんなホテルに応募しても、何度ハローワークに行っても、福島の被災者が優先みたいなことを言われて断られてばかり。年齢的にも60歳過ぎて厳しくて、本当に仕事が全然見つからなかった」
2011年6月、超熟AV女優になった。夕湖さんはカメラの前でセックスをして数本のマニアックな超熟AVに出演する。「最初の数カ月間だけ、たまに仕事があった。男優さんと絡む仕事ですよ。AVに出演して5万円とかもらったことあるけど、ほとんどは3万円くらいです。最初だけ月収15万円くらいもらえて、普通に暮らせました。それでしばらくして、だんだんと撮影の仕事がなくなって、家賃も払えなくなって、もう一度ベッドメイクの仕事を探したけど、また断られてばかりで食べ物にも困るような状態になった」超熟AV女優は、数えるほどのメーカーしかリリースがない。覚悟を決めて裸になっても、すぐに消費される。ギャラも安く、出演料は1本3万円程度。ほとんどの超熟AV女優は多くても10本も出演すれば終わり、必然的に使い捨てとなる。2012年、AV出演の依頼は完全になくなった。ベッドメイクの仕事をしたくても、どこのホテルに電話しても年齢を言っただけで断られる。もやしを食べるばかりの最低限の暮らしも維持できなくなり、再び100円もなくなった…。(http://gqjapan.jp/column/story/20160501/porn-star-in-poverty/)
ブラマヨ吉田ネット無料AV_10
ブラマヨ吉田「ネットで無料AVを見るな。AV業界が破綻するぞ。」の続きを読む

AV出演被害者が急増

AV出演強要被害者が急増
◆「意に沿わないAV出演に泣き寝入りの女性も…」 NGOが初の人権侵害調査結果を公表
アダルトビデオ(AV)産業での女性の人権侵害状況をめぐる初の大規模調査を行ってきた国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」(HRN)は3日、調査報告書をまとめ、公表した。HRNは「意に沿わない出演などが横行している実態が判明した。国の監督体制や法律に不備があり、対策が急務だ」と訴えた。同団体は平成27年5月から調査を開始。相談を寄せた出演女性への聞き取り調査や、AV産業の構造の調査などを実施した。
調査に協力した「ポルノ被害と性暴力を考える会」に寄せられた相談件数は、相談受付を開始した24年と翌25年は各1件のみだったが、26年は32件、27年は9月末時点で59件と急増。最多の相談内容は「だまされて出演」で21件。以下は「出演の強要」(13件)、「出演拒否で違約金請求」(12件)などが続いた。HRN事務局長の伊藤和子弁護士は「相談は氷山の一角で泣き寝入りしている女性も多いはずだ。違法な勧誘や強要に対する摘発の強化や、監督官庁の設置などが必要だ」と話した。
◆AV出演 強要被害が倍増
「モデルにならないか」など誘い文句に騙され、女性がアダルトビデオの出演を強要される被害が相次いでいるとして、人権団体が調査報告書を発表しました。去年の相談件数は81件と、おととしの2倍以上となり、被害者は19歳から20代半ばの女性に多いということです。なかでも、多額の違約金を請求され、脅されるなどしてやむなく出演したという相談が多くみられました。人権団体は政府に対し、被害を防止する法整備を求めています。
◆「親にばらす」AV出演強要、被害相次ぐ 自殺した女性も
「モデルやタレントにならないか」とスカウトされ、アダルトビデオ(AV)の出演を強要される若い女性の被害が相次いでいるとして、人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」は3日、被害防止や被害者救済のための法規制を急ぐよう求める調査報告書を公表した。
AVと知らずに業者と契約書を交わし、出演を拒否すると法外な違約金を請求されたり、「親にばらす」と脅されたりするケースが多い。自分の出演作が販売され続けることを苦に、自殺した女性もいるという。東京都内で記者会見した伊藤和子事務局長は「意に反する性行為を強要され、その一部始終が半永久的に公にさらされる。女性に対する重大な人権侵害だ」と話した。報告書などによると、被害者支援団体に寄せられた相談は2012、13年に各1件だったが14年に32件、15年には81件と急増。今年に入ってからも含めると計130件を超えており、だまされて出演したとの内容が多い。
AV出演被害_01
AV出演被害者が急増の続きを読む

くのいちってエロイよな

くのいちってエロイよな
◆JA紀州女性会 2月20日くのいちフェス
JA紀州(本店・御坊市)の女性会(平井正子会長)は20日、御坊市立体育館で、初のビッグイベント「くのいちフェスティバル」を開き、約500人が楽しんだ。 女性の力、美、愛を地域に届けようと、女性会の各ブロック・支部・サークル単位でブースを設け、野菜や特産品、手作り雑貨などを販売するフリーマーケットを出店。ステージでは、田辺市龍神村の高齢女性でつくる「ばあちゃんバンド」をゲストに迎え、女性会員らが合唱や踊り、民謡、三味線などを披露した。エコバッグやこけ玉作り、切り絵、手芸、耳つぼ・リラクゼーションなどの体験コーナーも充実。キバナコスモスやサクラソウなど約15種類の中から好きな花びらでマグネットを装飾する「押し花マグネット作り」もあり、体験した同市のしんせい保育園児、中村遥香さん(5)は「おばあちゃんにあげて、冷蔵庫に貼ってもらう」と喜んでいた。
◆くノ一とは?(ウィキペディアより)
くノ一(くのいち)は、一般に女性の忍者と認識される存在である。小説や漫画などで多く用いられる言葉である。また、忍者が仕事のしかけに女性を使うことをくのいちの術と呼んだとも言われる。ちなみに男性を使うことはタヂカラ(タヂカラの術)と言い、これは男の田と力から由来していると推測される。「くの一」は発音をそのままなぞっただけの誤記。
◆ニコニコ大百科の『くの一』より「女」という文字を分解すれば、ひらがなの「く」、カタカナの「ノ」、漢字の「一」、即ちくノ一になる。忍者はこうして、ある漢字を分解して暗号や技の名前にすることが多かったという。
仮想世界のくの一では?
任を全うするために性技まで仕込んだという伝説のため、また忍者が軽装であるという説が誇張された結果、こうした軽装の女忍者が捕まってアレコレさせられたり、くノ一が性的魅力を武器にして色々ヤる小説や作品は、二次元三次元商業同人を問わず枚挙にいとまがない。分かりやすい例では「対魔忍アサギ」など。餓狼伝説シリーズのおっぱいアイドル「不知火舞」も女忍(くノ一)である。
くのいちエロ_01
くのいちってエロイよなの続きを読む

とにかく明るい安村のAV!!

とにかく明るい安村のAV!!
とにかく明るい安村緊急参戦!放送事故!?今夜、服を1枚も着ていない全裸の女の子が××します!完全版。とにかく明るい安村「安心してください!私は穿いてます!」 生放送なのに全裸でAV女優が登場!?アソコ全開でスタジオパニック!…かと思いきや、安心してください穿いてますよ。の声が!とにかく明るい安村が登場で全裸にしか見えない生放送を敢行!
★全裸で「だるまさんが転んだ!」…振り向くとソコには全裸の女の子たちが決めポーズ!動いても失格だし見えても失格。ちゃんとアソコは隠れているのか!?★おじさん世代に朗報!昔、深夜に上○龍太郎&島○紳助がやっていた、あの伝説のシーンが復活!MCの背後にまたがる全裸の女の子。地上派では決して見られないポーズ★この他にも、とにかく明るい安村&全裸女子たちの企画が盛りだくさん!ボリューム満点の完全版!
とにかく明るい安村 とにかくあかるいやすむら プロフィール
oke*hug*boo*_0*2*のブログ - とにかく明るい安村公式ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/okethugaboon_0520
とにかく明るい安村Twitter (@yasudebu) https://twitter.com/yasudebu
本名 安村昇剛(やすむら しょうごう)
生年月日 1982年3月15日(33歳)
出身地 北海道旭川市
血液型 B型
身長 177cm
最終学歴 旭川実業高等学校
出身 NSC東京校6期
とにかく明るい安村AV_01
とにかく明るい安村のAV!!の続きを読む

アダルトサイト詐欺で1億ボロ儲け

アダルトサイト詐欺で1億ボロ儲け
◆アダルトサイト詐欺で1億円詐取、容疑のリーダーら逮捕
「アダルト動画サイトに会員登録されたので登録料が必要です」などとうそを言って、1億円近くをだまし取っていたとみられる詐欺グループのリーダーの女らが警視庁に逮捕されました。逮捕されたのは、詐欺グループのリーダー・嶋田桃子容疑者(33)ら男女6人です。嶋田容疑者らは、24日、アダルト動画サイトのバナー広告をクリックした会社員の男性(47)に対し、「会員登録されたので登録料が必要です」などとうそを言って電子マネー8万円相当をだまし取った疑いが持たれています。
 取り調べに対し、嶋田容疑者らはいずれも容疑を否認していますが、警視庁はこのグループが同様の手口で去年5月以降、およそ600人から1億円近くをだまし取っていたとみて調べています。
◆アダルトサイトでクリックなしの即課金“ゼロクリック詐欺”登場
18歳以上であることを確認する「OK」ボタンをクリックしたり、動画プレーヤーらしきものをクリックしただけで、アダルトサイトへの会員登録が完了したことにされ(たいていの場合、スクロールしないと気付かないようなページの下の方に料金説明がある)、入会金の支払いを要求された――。
 これは、日本でよく使われている“ワンクリック詐欺”の手口。登場から10年以上たち、クリックを2回、3回、4回要求するバリエーションなど進化し続けているというが、今年に入って、そうしたクリックを1回もしない状態で会員登録したことにされる“ゼロクリック詐欺”が、アダルト動画の日本語サイトで登場したらしい。 株式会社シマンテックによると、metaタグでページ更新(refresh)を指定して別のURLを呼び出し、1秒後にウェブページを更新する仕組み。全く何の警告もないまま、会員登録してしまったと思い込まされるという。要求される金額が24万円の場合もあるとしている。その一方で、“誤って会員登録してしまった人”のために、24時間以内であれば退会申請を受け付けるとして、サポートセンターへの問い合わせ電話を発信するためのポップアップウィンドウも用意されている。しかし、「この詐欺で表示される“登録”は、全くのでたらめなので、無視してください」とシマンテックではアドバイスしている。サポートセンターに電話をかけるのも厳禁とのこと。「詐欺師は、料金を支払うよう説得してくる可能性もあります。その上、サポートセンターへの発信に使った電話番号は記録され、今後の詐欺活動に利用される可能性も高いからです。同じ理由から、案内されているアドレスにメールを送信することも、厳に慎んでください」。
アダルトサイト詐欺_01
アダルトサイト詐欺で1億ボロ儲けの続きを読む

ラブホの誘い方

ラブホの誘い方
◆ラブホテルの内装に見る、若者の性の変化 回転ベッドが映し出す昭和の恋愛像
・ゴテゴテ主義の昭和のラブホ
今はなき昭和のラブホテルについて書いた、『日本昭和ラブホテル大全 (タツミムック)』著者の村上賢司さんに、話を聞いた。
――御著書の『日本昭和ラブホテル大全』、おもしろかったです。回転ベッドとか、エアシューターとか、懐かしいものばかりで(笑)。そもそも、村上さんが昭和のラブホに興味を抱いたのはどうしてなんですか?
村上賢司(以下、村上):僕、テレビっ子だったんですよ。子どもの頃、『11PM』とか『トゥナイト』などの大人向けの深夜番組をこっそり見ていた世代で、よくラブホ特集なんかをやっていたんですよね。あとはサスペンスドラマなんかで、ホステスが殺されるのはだいたいラブホ。そのインテリアなんかに惹かれていた。もう少し大きくなってからは週刊誌のグラビアを見て、その外観の電光パネルとかゴテゴテの内装とかを見て、気になってたまらなかった。山手線の内回りに乗っていると、新大久保を出て新宿に向かうすぐ右側に『ヴィップイン』というラブホがあるんですよ。それが長いこと気になっていたんですが、取材なんてできないと勝手に思い込んでいました。でも新刊のために飛び込みで取材を依頼してみたらすんなりできたんです。
・ラブホは「新しいものを体験する場所」
――昭和時代のラブホって、今は少なくなっているんですか。
村上:そもそも、40年選手のものってほとんどないんです。ラブホはリニューアルを繰り返していくものだから。というのは、ラブホって、「新しいものを体験する場所」なんです。昔のことを考えても、プレステとかカラオケとかジェットバスとか、普通の生活をしているとちょっと手の届かないアイテムを売りにするのがラブホのありようなんですね。実際、僕が大人になって、いざラブホに行く年齢になると、子どもの頃見ていた、あの回転ベッドやキラキラの部屋は、ほとんどなくなっていましたからね。
――どうしてなくなっていったんでしょう。
村上:ラブホがシンプル化したのは、1980年代だと思うんです。一説には、女性たちがシンプル化を希望したかららしい。81年に田中康夫さんの『なんとなく、クリスタル』(新潮文庫刊)という小説が話題になって(当時、ちょっとスノッブな若者に流行していたブランドや店が多数出てきて、それについての注釈までついている小説だったため、賛否両論を巻き起こした)、その中で主人公がセックスをするならシンプルなホテルがいい、と言う記述があったんです。そのあたりから、ラブホが変わっていったように思いますね。
ラブホ誘い方_01
ラブホの誘い方の続きを読む

AV出演被害が急増

AV出演被害が急増
◆“AV出演”被害が急増。悪質プロダクションの恐怖
「次の仕事はアダルトビデオ(AV)の撮影」。A子さんがその事実を知ったのは、撮影前日。事務所で台本を手渡されたときだった。 当時、A子さんは20歳になったばかり。あまりにも驚いて、すぐに「できません」と抵抗したが、プロダクションのマネジャーは、平然とこう言い放った。「契約した以上、現場に行かなければならないことぐらい、わかってるよね」「どうしても、指示に従えないなら、違約金を支払ってもらうよ。100万円、現金で用意できるの?」A子さんがタレントとして、このプロダクションに所属したのは高校生のとき。駅前で「タレントに興味ない?」と声をかけられたことがきっかけだった。「とてもうれしかった」ので、何度か食事を一緒にした。そのたびにスカウトマンからサクセスストーリーを聞き、信頼できる人と思い、後日、A子さんはタレント活動をするための契約書に署名・拇印した。実績のあるプロダクションは、未成年と契約するときは親の同意を得る。だが、A子さんの場合、親の同意は得なかった。仕事は着(ちゃく)エロ(衣服は着ているが、バストや性器を強調するポーズを取る写真や映像)のビデオ撮影だった。すぐプロダクションをやめたいと申し出たが、「100万円の違約金が発生する」と言われた。その後も、マネジャーは「契約書」と「違約金」を盾に、仕事を回してきた。断ると「親に連絡するぞ」「学校に知られてもいいのか」と脅された。撮影後のA子さんへの報酬は一切なかった。だが、「契約書がある限り、嫌でも仕方がない」と繰り返し言われ、仕事に行かなかったときは、身の危険を感じるできごともあった。その結果、追い詰められたA子さんは、「我慢して、言うことを聞けば、嫌な仕事も終わる」と思うようになったという。今回のAVの仕事も、大人の男たちとの押し問答の末、A子さんは引き下がるしかなかった。A子さんはその後も、プロダクション側に「AVの仕事は、どうしてもやめさせてほしい」と懇願。だが、そのたびに、マネジャーからこう言われた。「あと9本撮影しないとやめられない」「違約金1千万円を払ってもらう」当初の違約金100万円が10倍に跳ね上がったのは、AV撮影初日の夜、新たな契約書にサインするよう指示され、それが10本分の契約だったからだ。 契約書にサインするとき、そんな説明はなかったので、気づいたときは声も出ないほど、愕然とした。自分だけではどうしても抜け出せない泥沼にはまり込み、「死にたい」とまで思い詰めるようになった。
◆「契約書にサインするまで帰さない」と監禁されることも――AV出演強要の実態
アダルトビデオの出演を断った20代の女性が、所属していた芸能プロダクションから2460万円もの違約金を請求された裁判で、東京地裁は9月上旬、プロダクション側の請求を棄却する判決を言い渡した。女性は高校生のころにプロダクションと契約。成人後、アダルトビデオに出演させられるようになった。女性は「やめたい」と申し出たが、プロダクションから「違約金が発生する」などと脅されるなどして、出演を強制されていたという。
今回の判決で裁判所は、女性の意思に反してAV出演契約が結ばれていたと認定した。女性を支援した団体「ポルノ被害と性暴力を考える会」によると、同様に「自分の意思に反してアダルトビデオに出演させられた」という女性の相談が年々増えているのだそうだ。
◆AV出演を強要される被害が続出。 女子大生が続々食い物になっています。安易に勧誘にのらず早めに相談を
好奇心で安易に誘いにのらないで。夏休みや春休みなどの時期、駅前などで若い女性をターゲットに、タレントにならない? グラビアモデルにならない?AV(アダルト・ビデオ)女優にならないか? という勧誘が盛んになるようです。好奇心で話を聞きに行き、タレント事務所に所属することになり、契約にあたってその条項にAVもOK等と言う項目がついてくることがあります。しかし、有名になるために少しだけならAVも大丈夫、などとサインすると、後々とんでもないことになります。やめたくてもやめられず、意に反してAVに出演し続け、ほとんどお金ももらえない被害が相次いでいます。私は20歳になったばかりの女子大生などがひどい被害にあっている事案の相談にのってきました。しかし、弁護士まで辿り着くのはごく一握り、かなり多くの若い女性が被害にあっているのではないかと思っています。 「違約金」「親にばらすぞ」と言われ、出演を強要される
こうして契約した女の子たちは、通常20歳になると本格的にAVデビューさせられることになります。うっかり契約してしまい、「もうやめたい」と思っていても、「違約金払え」「親に言うぞ」等と言われ、そんな大金は支払えないし、親にばれるのだけは嫌なので、泣く泣くAVに出演するしかなくなります。
AV被害_01
AV出演被害が急増の続きを読む

ハイエースするAV

トヨタ・ハイエースAVデビュー!!
ネットスラングであってトヨタ自動車に悪意はないです。
※ハイエースする(動詞) とは?
ピクシブ百科事典より
一部のネット界層では漫画、アニメ、ドラマ、映画(などのフィクション)および現実でも幾度となく誘.拐・拉.致目的に使われる車種であるため、転じて「ハイエースする」という動詞が生まれている(ハイエースに限らず、日産・キャラバン及びエルグランド、ホンダ・ステップワゴンなど、他メーカーのワンボックスやミニバンであっても「ハイエースする」と呼ばれることがある)。
YAHOO知恵袋より
インターネットスラング(インターネットなどで使用される隠語)です。ハイエースとは、もちろんトヨタ製の1ボックスタイプの自動車のことです。女性を略取または言葉巧みに自動車に連れ込み、車内で強.姦することを意味する。この場合、使用する自動車がハイエースではなくとも、「ハイエースする」「ハイエースされる」と表現することが一般的。
ではなぜ『ハイエース』なのか?
ハイエースはもともと商業用に設計されたスペース効率重視の自動車であり、商業車ゆえに盗難にあう可能性が低いと当初考えられていたことからセキュリティが甘く、数年前までは最も盗難件数の多い自動車でした。(オフロード4WDのランドクルーザーを凌ぐ)
・盗難車は犯罪に使用されることが多い。
・ハイエースは大きなスライドドアがあってしかも車高も高いことから、略取時に強引に自動車へ連れ込むのが容易。
・ハイエースは車内が広大であることから、強.姦などが容易。
ということがネガティブなイメージの元凶となっているようです。
『ハイエースされた少女 車でさらって×××して、ポイッ!』
ああ便利。ヤリたくなったら非力そうな少女を物色。連れ込んだらこっちのもん。泣き、わめかれようが問題なし!恐怖に歪む○女の顔ってやっぱり最高。でも意外と感じちゃってるよね?(笑)仲間と車でハ○エースしちゃった女の子を犯したおしてそのままポイしてきちゃいました!もうさらわれ無いように気をつけて帰ってね!
ハイエースAV_01
ハイエースするAVの続きを読む

妻のパンティーから精子の匂い⇒DNA鑑定⇒浮気発覚

妻のパンティーから精子の匂い⇒DNA鑑定⇒浮気発覚
◆下着のDNA鑑定で不貞行為証明「妻の下着かいだら“あのニオイ”が」。
さまざまなシーンで活躍しているDNA鑑定。親子鑑定や犯罪捜査などその役割は多岐に渡るが、中国ではこのたび、夫が妻の下着をDNA鑑定し、妻の浮気を証明するという出来事があった。台湾メディアの報道によると、高雄市で暮らす蔡さんは前々からある男性の浮気を疑っていたとのこと。すると今年2月、蔡さんが洗濯をしていると、妻の下着から精液のような“ニオイ”が放たれていることに気づいたという。しかしその前日、蔡さんと妻は“行為”をしていなかったことから、蔡さんは「浮気の動かぬ証拠だ!」と判断。妻らを相手取り、裁判を起こすことを決意した。当初、妻と男性は浮気を完全否定していたが、蔡さんは保持していた妻の下着を証拠品として提出するとともに、DNA鑑定を要求。結果、実際に妻の下着からは蔡さんとは別の男性の精液反応が確認され、浮気が証明されたそうだ。
◆精子買い、産むだけ婚を求める女性増…夫不要でただの精子バンク扱い?
新刊『恋愛しない若者たち ~コンビニ化する性とコスパ化する結婚』(ディスカヴァー21)が出版された。テーマは「恋愛しなくても、結婚はできる!」。 ここ数年、20代男女から、「恋愛は面倒」「コスパに合わない」との声をよく聞く。一方で、9割の若者は言うのだ。「いつかは(恋愛)結婚したい」と。この矛盾を解消するためには、「結婚に恋愛は要らない」と、いったんスパッと切り離して考えるしかない。それが本書を執筆したきっかけだった。結婚後、男性は育児や家事への参加を求められ、女性はできるだけ働くことを望まれる「共働き、イクメン」が標準化しつつある昨今。昔と違い、結婚後は恋愛に必要な「男性らしさ」「女性らしさ」とは真逆のものを求められるのだから、「恋愛と結婚は別」と割り切って婚活したほうが、結婚生活もうまくいくのではないか、と書いた。 また、旧態依然とした国の制度や概念に焦れて、すでに前のめりな女性たちは極端な方向へと向かい始めている。「夫は要らない。子どもだけが欲しい」――こんな声を、もう何人から聞いただろう。
子どもだけ欲しい
 たとえば、フリーランスでデザイナーをしているキョウコ(37歳)のケース。2つ年下の後輩と5年以上も半同棲中。いつまで待っても彼のほうから「結婚」を言いだす気配はない。時々、わざとテーブルに結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)を置いて“結婚プレッシャー”をかけてきたが、彼は見て見ぬフリをする。そこで半年前、キョウコは思い切ってこう言った。「もうあなたに結婚は期待しない。子づくりだけ協力してくれればいいから」
 そう、彼女は経済的にもある程度、安定していたがゆえに「子どもと2人で生きていく」と決意したのだ。初めは「え?」と戸惑った彼。だが、「今後一切、養育費などは請求しません」とキョウコが一筆書いたこともあり、「それならば」と素直に協力した。当初は、キョウコの女友達も「やめなよ」「もしこの先、働けなくなったらどうするの?」などと猛反対した。だが、キョウコは考えを曲げなかった。そして今、妊娠5カ月になった。少しずつ大きくなるお腹をなでながら、彼女は言う。「もともと、結婚に憧れはなかった。でも子どもだけは欲しかった。今はとっても幸せ。でもこれで、仕事からは一生逃げられないですね(笑)」(http://biz-journal.jp/2015/12/post_12911.html)
精子の匂い_01
妻のパンティーから精子の匂い⇒DNA鑑定⇒浮気発覚の続きを読む

エロ本 絶滅の危機

エロ本 絶滅の危機
◆東京五輪で一掃? 「エロ本」消滅危機の中、80年代エロ本が生んだ濃密なアングラカルチャーを懐かしむ
「エロ本」がいま、絶滅の危機に瀕している。
 出口のまったく見えない出版不況により、あらゆる本、雑誌の売れ行きがどんどん落ち込んでいる昨今だが、そのなかでもことさらに深刻なダメージを受けているのが、「エロ本」業界だ。
 インターネット上に落ちている無料アダルト動画などに顧客を取られ、2000年代中盤以降、いよいよその不況が表面化。英知出版、司書房、東京三世社といったアダルト系の有名な出版社が次々と姿を消した。また、出版社がなくならないまでも、成人誌、特に実写系成人誌の刊行をストップさせる出版社も後を絶たない。ワニマガジン社はアダルトコミック部門に比重を移し、実写系のエロ本は消滅。コアマガジンも「ビデオ・ザ・ワールド」をはじめとして実写系成人誌の休刊が相次いだ。つい先日も、25年以上の歴史をもつ素人投稿誌「ニャン2倶楽部」が編集部ごとマイウェイ出版に移籍するとの発表が出されたばかりだ。
 そして、東京オリンピックが開催される2020年、エロ本業界はさらに窮地に立たされるのではないかと言われている。なんと、コンビニから成人誌がなくなるのではないかと噂されているのだ。五輪誘致の時にコンビニに並ぶエロ本を見て「IOC視察団が顔をしかめた」との話もある。中小規模の書店が次々と閉店し、コンビニが重要な販路となっている現在のアダルト系出版社にとって、これは死活問題だ。しかし、国際的な大規模イベントの際に、風俗街などが無慈悲につぶされるのはよくあること。例えば、1990年に大阪で「国際花と緑の博覧会」が開催された時には、日本橋・梅田・難波のソープ街が一掃されたという例もある。もしも東京都がコンビニに並ぶ成人誌に危機感をもっているなら、この噂は現実のものとなるだろう。
 このように、現在では死屍累々なエロ本業界だが、思い返してみれば、80年代のエロ本は、文化の最も「エッジ」な部分を担う存在であった。そんなエロ本華やかなりし時代を振り返った書籍、『エロ本黄金時代』(本橋信宏・東良美季/河出書房新社)が先ごろ出版された。 今かろうじて生き残っているエロ本は「本」とは名ばかりで、商品の主役はアダルトビデオメーカーから借りた素材をそのまま収録した付録のDVD。肝心の「本」の部分は、DVDの内容をまとめただけの、あってもなくてもいいような薄い冊子でしかないのが実情だ。 しかし、かつてのエロ本には、濃密な「カルチャー」が息づいていた。「おたく」という言葉の創始者である中森明夫、後に『危ない薬』(データハウス)を上梓した青山正明、伝説的なジャズミュージシャン阿部薫の妻にして作家の鈴木いづみ、『物語消費論——「ビックリマン」の神話学』(新曜社)などの論評で時代を鋭く捉えた批評家の大塚英志......。「エロ本」はこういった人材を多く輩出している。だが、どうして「エロ本黄金時代」のエロ本は世の中の最先端を捉えることができたのか?それは、「エロさえ押さえておけば読み物はなにを載せてもいい」という、現在では考えられない自由過ぎる価値観が80年代のエロ本には息づいていたからである。その先便をつけた出版社の一つが白夜書房だった。同社の編集者たちは「エロ本なんてドカタと変態が読むものだ」と言われ、わざと低俗な誌面をつくっていた業界の常識に疑問を投げかけた。そして、赤瀬川原平、荒木経惟といったサブカルチャー色の強いラインナップを取り揃えて「ウィークエンドスーパー」「写真時代」「ビリー」といった雑誌を次々と生み出していく。同社の目論みは当たり、これらの雑誌は大学生などからも支持された。
 彼らがエロ本業界の慣例を崩した裏にはどんな考えがあったのか。現在、白夜書房の系列会社コアマガジンにて代表取締役社長を務めている中沢慎一氏は、前掲『エロ本黄金時代』でこう語っている。〈ただ単に女の裸並べて売れればイイなんて本は作りたくないじゃん? 他の部分で、ライターの優秀な人見つけて、面白い文章で本が売れたらイイなあと思うよな。いい原稿が載れば雑誌にパワーが出るから、より多くの人にアピール出来るだろうし〉
〈俺はさあ、ある部分をキッチリ押さえておけば、全編エロじゃなくてもいいんじゃないかと思ったんだよ。エロ本とはいえ雑誌なんだから、雑誌における遊びの部分というか、幅があった方がいいんじゃないかと。俺は売れればいいと思ってたから、押さえるところを押さえていれば、すべて読者が歓ぶものばかりじゃなくていいんじゃないか、売れるんじゃないか?〉
 こういった、エロ本でありながらも「活字」にこだわる姿勢は、ある伝説的な雑誌につながっていく。1983年に創刊し2013年まで続いた「ビデオ・ザ・ワールド」だ。この雑誌はアダルトビデオに「批評」を持ち込んだ。メーカーとのしがらみをものともせず、「やめて田舎へ帰れ!」と誌面上で罵倒するなど、徹底して辛口の批評を掲載し続け一時代を築くことになる。
「ビデオ・ザ・ワールド」には、優秀なライターたちがどんどん集まった。藤木TDC、沢木毅彦、木村聡、そして、同誌の連載をまとめた『AV女優』(文藝春秋)を大ヒットさせ「アダルト業界のドキュメンタリー」というジャンルを確立させた永沢光雄......。
 そんななかでも、「ビデオ・ザ・ワールド」でメインライターの一角として大きな役割を担ったのが、奥出哲雄であった。本橋信宏は奥出哲雄に関し、『エロ本黄金時代』のなかで「エロ本にひとつの時代を作った奥出哲雄という人物。伝説の人だよね。エロ本でもしっかり文章を書いていいんだ、と思わされた人です」とまで語っている。
 彼の批評精神とはどのようなものであったのか。それは、東良美季による以下の発言に集約されている。
〈当時のピンク映画雑誌には村井実とか、川島のぶ子というライターがいましたが、奥出さんはその人たちにとても嫌悪感を持っていた。彼らは「ピンク映画はそもそも下劣なものである」という観点から書いていたからだったそうです。「村井実のインタビュー記事は、俺はとことん厭なんだ」「なぜ厭なのかと言えば、シモネタしか聞かないからだ」と話していました〉
 インタビュー企画ひとつとっても、女優のライフストーリーに迫るなど、エロを「カルチャー」と捉えて深く切りこんでいく。「ビデオ・ザ・ワールド」がこのような姿勢をとっていくにあたっての思いを前述の中沢社長は次のように語っている。ちなみに、中沢社長は「ビデオ・ザ・ワールド」の初代編集長でもあった。〈それはまあ、AVもちゃんとした作品なんだからさ、作品として観るか単なるマスカキのネタと思うかで違うんだろうけど、作ってる人達は一生懸命作ってるんだろうから、観る側もちゃんと批評すべきだと、俺は単純にそう思ったんだよね〉
「ビデオ・ザ・ワールド」の熱量溢れる批評は読み物としてすさまじいパワーを放つ。当時、中沢社長は「すっかり過激派の機関誌みたいになっちゃったよお」とこぼしていたらしいが、その濃い誌面に魅せられ、村上龍、田中康夫、宅八郎、高橋源一郎といった錚々たる面々が愛読誌であることを公言する雑誌へと成長していく。
 しかし、これまで紹介してきた雑誌以上に、「エロ本は何をやってもいい」という自由を謳歌したのは、自販機本の世界だ。東良は本書のなかで「エロ本は、雑誌のパンクだと思った」と語っているが、それを最も体現しているのが自販機本だと言える。
 そのなかでも特別な存在感を誇るのが「Jam」(エルシー企画)、そしてその後継である「HEAVEN」(ヘヴン・エクスプレス)だった。これらの雑誌には、山口百恵のゴミ漁りを行い誌面でファンレターや使用済みタンポンを公開するといった鬼畜企画、高杉弾、山崎春美、鈴木いずみといったライター・作家の文章のほか、渡辺和博、蛭子能収のヘタウマ系漫画も軒を並べた。誌面は一般の雑誌には決して載らない、パンク・カルト映画などのアングラな情報で溢れていた。これでも、ジャンルは一応「エロ本」である。『エロ本黄金時代』に自販機本の解説文を寄稿しているばるぼら氏は、自販機本についてこのような言葉を残している。〈もともと購入時は表紙以外は手掛かりのない性質ゆえに、「エロ写真さえ載せておけばモノクロページは(どうせ誰も読まないから)好きに作っていい」という編集者の意識が如実に表れた、読者のことなど何も考えていない自販機本のはじまり。「もう書店で文化は買えない」と宣言した路地裏の革命がここにある〉
〈自販機本こそ、日本の出版史に残る汚点、いや分岐点だった。ここを境に編集者は「いかに求められていないことをするか」という遊びを読者に挑戦するようになってしまった〉
 本稿の始めの方で指摘した通り、単なるDVD付属冊子に成り下がってしまった現在のエロ本にこの頃の「自由」や「熱量」はなくなってしまった。ではなぜかつてのエロ本にはそれがあったのか。80年代にエロ本が「パンク」になった理由を、東良はこのように説明する。〈何より大きかったのが、その作り手の多くが若かったということだ。若者は否応なく「性」を求めるものだが、同時に「居場所」や「生き方」も必要とする。何故なら我々は決して本能だけではセックス出来ないからだ。男と女(別に男と男、女と女でもいいのだが)が愛し合うには必ず「文化」が必要になる〉
 また、このようにも語っている。
〈エロ雑誌でもAVでも、はたしてエロが欲しかったのか? もちろんエロも欲しいんだけど、いちばん大切なのは、社会のエッジにいるような感覚だと思うんです。 自分は疎外されてるなと感じる人間が、疎外感を共有できる。ピンク映画でもATG映画でもAVでも何でも、昔からそうだったと思うんだけど、ぼくはエロ本の中にはなんとなく、自分と同じようなやつらがいるなあ、みたいな感覚が大切だと思う〉 現在、エロ本の主な読者層は40代以上と言われている。若者はネットに落ちている無料のエロ動画を観るため、エロ本など決して買わない。現在コンビニの成人誌棚に熟女系の雑誌がひしめいているのには、そういった事情がある。 また、出版社サイドにも経営不振のためコストカットの嵐が吹き荒れている。若手のエロ本制作者が育つような環境はない。前述の中沢社長は〈俺は遠からぬ将来、アダルト雑誌は消えていく運命だと思ってる〉と語っているほど厳しい状況である。 だが、いつの時代でも「疎外されているなと感じる人間」、「居場所」や「生き方」を必要としている若者は必ず存在する。80年代は「エロ本」がそういう人たちのための場所だった。今、その場所はインターネットのなかにあるのかもしれないし、もしくはもっと他の場所にあるのかもしれない。いずれにせよ、80年代エロ本カルチャーにあった遺伝子は、今でもきっとどこかで息づいているはずだ。(田中 教)
エロ本絶滅_01
エロ本 絶滅の危機 の続きを読む

無料エロ動画サイト ThisAVウイルス感染疑惑

無料エロ動画サイト ThisAVウイルス感染疑惑
※基本的にPCでの閲覧者が危ないとのことです
◆「vvvウイルス」PCファイルを勝手に暗号化、対策は?
「vvvウイルス」と呼ばれる不正ソフトによって、PCのファイルが書き換えられる被害の報告がネット上で相次いでいる。
12月5日に、PCに保存したファイルの多くが「vvv」という拡張子に変更されたとTwitterに投稿された。音楽ファイルは無事だったものの、画像・動画・文書などの10万個以上のファイルが拡張子が変更された上で、復元不可能になったという。■vvvウイルスの正体と対策は?
アメリカのセキュリティ情報サイト「ブリーピング・コンピュータ」によると、これは「TeslaCrypt(テスラクリプト)」というランサムウェアの新バージョンのようだ。ランサムウェアとは身代金要求型の不正プログラムを指す言葉。ネットを通して感染する。PC内でのアクセスを制限した上で、解除するために金銭を要求するのが特徴だ。
同サイトでは「TeslaCryptの新バージョンは、暗号化されたファイルのファイル名に、vvvの拡張子をつけるようになった」とした上で、以下のように書いている。
残念ながら、TeslaCryptのこのバージョンでは、プログラムの作者のみが知る解読キーがなければ、復元することはできません。TeslaCryptのこのバージョンに感染している場合は、この時点であなたのファイルを回復する唯一の方法は、バックアップを取っておくか、または身代金を払うことです。
なお、アメリカの「センサーズ・テック・フォーラム」では「プログラムの作者が、あなたに解読キーを渡すという保証はどこにもないので、身代金は払わないことを推奨します」と注意喚起している。
◆バナー広告表示すると感染…PCウイルス新手口
不正なインターネット広告を見ただけのパソコンをウイルスに感染させる手口のサイバー攻撃が急増していることがわかった。
専門家は「常にOSやソフトを最新版に更新し、脆弱性を放置しないことが必須」と呼びかけている。情報セキュリティー会社のトレンドマイクロによると、従来の不正広告による攻撃は、利用者が広告をクリックすると攻撃サイトに誘導される手口だった。しかし、今年7月以降、不正プログラムが仕込まれたバナー広告が正規のサイトに表示されただけで、攻撃サイトとの通信が発生する手口が急増。こうした不正広告が、国内3700以上のブログサイトや企業サイトなどでランダムに表示されていたとみられる。利用者のパソコンには正規サイトが表示されたままで、不正広告も通常の広告と見分けがつかない。気付かないうちにウイルスを送り込まれ、パソコン側に脆弱性があると突然画面がロックされるなどし、解除の代わりに金銭を支払うよう脅されることもあるという。
ThisAVウイルス_01
無料エロ動画サイト ThisAVウイルス感染疑惑の続きを読む

AVの「出会って即合体」シリーズがヤラセってマジ?

AVの「出会って即合体」シリーズがヤラセってマジ?
◆出会って4秒で合体してから抜かずの14発中出し 長澤えりな
アリスのギネス級「秒ハメ」シリーズとエロチカの美少女×絶倫男シリーズのコラボが実現!困惑なのに気持ちイイ…「はじめまして」で即合体して急転直下のエクスタシーから‘半外半中発射’。そこから怒濤の14発へ突入。ナント、3発目が終わって抜けちゃうハプニング……そこからやり直しても、繋がりっぱなしの連続弾!総計18発のセックス・ストーリーは、突然に始まる!
◆出会って4秒で合体 希志あいの
ギネス級「秒ハメ」シリーズ第5弾!今回は、現役アイドルに秒ハメ!「はじめまして」で即合体、四つん這いでバイブ選定中…玩具のフリして4秒合体、趣旨バレ後の即ハメで本人ビックリの初潮吹き、あいのが男優と即合体。
出会って即合体_11
AVの「出会って即合体」シリーズがヤラセってマジ?の続きを読む

男だったら風呂で腰浮かせてチンチン潜水艦(潜望鏡)した事あるよな!

男だったら風呂で腰浮かせてチンチン潜水艦(潜望鏡)した事あるよな!
潜望鏡って何?(ソープランド用語)
◆潜望鏡とは、ソープランドで使われる用語で、ソープ嬢と客が一緒に風呂に入り、客が腰を浮かせ、勃起したペニスが水面上に出たところをソープ嬢がフェラチオする行為。男性器を潜望鏡にたとえている。
◆潜望鏡というのはソープランドでは比較的定番のプレイの一つです。 ソープではソープ嬢と一緒にお風呂に入ることが基本プレイになっていて、湯船に入った状態で腰を浮かし水面から息子を出します。 その水面から出てきた息子をソープ嬢がフェラチオをするというプレイを、一般的に潜望鏡と呼んでいます。 潜水艦から水上の様子を探る眼鏡が出てきたような絵をイメージしていただければわかりやすいのではないでしょうか。 浴槽では他にも様々なプレイを楽しむことが出来るのですが、お風呂はあくまで前戯だと考えている男性もいるようです。 浴槽の中で対面座位になり挿入するという楽しみ方や逆潜望鏡をしてみたり、ソープ嬢を浴槽のふちに腰を掛けさせて嬢のアソコを観察してみたりいたずらしてみたりと、お風呂場は様々な可能性を秘めています。 今までお風呂は早く切り上げてベッドに行くことばかり考えていたという男性は、一度お風呂でのプレイも経験してみてはいかがでしょうか。 広いお風呂でしか出来ないプレイもソープランドの魅力なんですよ。
◆本来の潜望鏡の意味
潜望鏡(せんぼうきょう)は、反射鏡などを利用して視点の位置を変える光学装置のことである。ペリスコープ(Periscope)とも呼ばれる。反射鏡ないしプリズムを2回使って光路を折り曲げる他、レンズにより望遠鏡の機能も持たせたものが一般的である。主に、潜航中の潜水艦が海上の様子を観察するために用いたりする。
潜望鏡_01
男だったら風呂で腰浮かせてチンチン潜水艦(潜望鏡)した事あるよな!の続きを読む

MUTEKIから謎のスノーボーダーがAVデビュー 無敵すぎるだろこれ…

MUTEKIから謎のスノーボーダーがAVデビュー 無敵すぎるだろこれ…
なぜ今井メロをキャスティングできなかった…。
世界大会で活躍した美し過ぎるスノーボーダーMUTEKIデビュー!
2014年春まで10年間プロスノーボーダーとして国内外で数々の賞を総なめにし、スノーボード企業9社とのスポンサー契約、テレビ番組レギュラー出演、DVD、雑誌、イベント、ファッションショーなどなど、雪山で輝き続けた白銀の女神がMUTEKI降臨!日本代表の実力者が本気でSEXメイク!アスリートボディがドロドロに交じり合う情熱ファック!
スノーボーダーMUTEKI
MUTEKIから謎のスノーボーダーがAVデビュー 無敵すぎるだろこれ…の続きを読む

昔は女のマンコ見るハードル高かったよな…

昔は女のマンコ見るハードル高かったよな…(オッサン懐古スレです)
昔女のアソコ見るのハードル高かったよな。見られないで死んだ人も居るんだろうか・・・。
◆ふさふさしたアソコの毛を見たときの男子の感想4選
IラインやVラインなどの脱毛をする女子が増えたとはいっても、まだまだ、ふさふさとした豊かなアンダーヘアをお持ちの女子もいるそうです。今回は、ふさふさしたアソコの毛を見たときの男子の感想に迫ります。
お読みになれば、痛い思いをして、かつ、ある種の屈辱感を抱きつつの「Oライン脱毛」なんてしなくてもいいと感じる女子も出てくるのではないでしょうか。さっそく見ていきましょう!
◆1:なつかしい!
「ツルツルのアソコって、ぼくの原体験の風景のなかには登場してきませんでした。だから、ふさふさとした毛を見たら、なつかしいなと思います」(35歳・広告)
たしかに、昔はアソコの毛がなかったら、パイパンと言われ、それは「ちょっと変態」だとも言われていたものです。
多くの女子は、ふさふさとしたものをお持ちで、エッチが終わったらシーツの上に陰毛がたくさん落ちていたものです。ああなつかしい……こういうことでしょうか。
◆2:マジメな子なのかな
「ふさふさしたアンダーヘアを見ると、性的にすごくマジメな女子なのかなと思います。だって、特定の彼氏が、ヘアがふさふさしていてもいいと言えば、無理に脱毛しないでしょう? 不特定多数の男子に見られることを想定して、女子は除毛や脱毛をするんじゃないんですかね?」(29歳・IT)
女子が除毛や脱毛をする理由のなかには、女子としての美意識の問題もあるはずで、単に男ウケを狙って……というだけでもないように思います。でも、「特定の彼氏が、ヘアがふさふさしていてもいいと言えば、無理に脱毛しないでしょう?」というのは、どことなく的を射ているかなとも思います。女子のみなさん、いかがでしょうか。
◆3:お金がないのかな
「25歳のぼくの彼女は、今でもふさふさとしたヘアをしています。幼稚園の先生をしていますが、きっとお給料が少ないとか、忙しいとか、そういう理由で脱毛しないのかなと思います」(29歳・イベント制作)
歯のホワイトニングをしている人を見たら、なぜか金持ちそうに見えるというのに似ているかもしれませんね。
◆4:蒸れないのかな?
「ぼくは大学時代から少しアンダーヘアをカットしています。蒸れるからです。ふさふさとしたヘアを持っている女子を見たら、蒸れないのかなと、いつも不思議に感じます」(34歳・金融)
ま、蒸れるんだろうと思いますが、「蒸れる?」と言葉にして尋ねるのは、はばかられるでしょうから、よほど彼女と仲がいい男子以外は、ずっと「蒸れないのかな?」という疑問を抱き続けるのかもしれません。
除毛・脱毛をしていないからといって、ネガティブな感想を抱かない男子たちのご意見でした。
マンコ_21
昔は女のマンコ見るハードル高かったよな…の続きを読む

Home > AVシリーズ Archive

PR
週間PCアクセス

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
検索フォーム
記事一覧
* * *

Google検索

WWW検索 ブログ内検索

back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る