Home > スポーツ選手 > 木村沙織 ビーチバレーへ転向?

木村沙織 ビーチバレーへ転向?-みんなのエロ画像 無修正

木村沙織 ビーチバレーへ転向?

木村沙織(きむらさおり) ビーチバレーへ転向? これは全力応援案件ですね
◆木村沙織が現役引退を表明!
10月10日、バレーの木村沙織が自身のブログで引退を表明した。「ご報告。」と題されたエントリーによると、今年50周年を迎えるVリーグを最後の場所にしたいと明かし、バレーボール人生を背番号「2」で締めくくると綴っている。「木村はリオ五輪をバレーボール人生の集大成にしたいと語って大会に臨んだこともあって、大会後の進路が注目されていました。引退やビーチ転向も囁かれましたが、東レ・アローズと契約を延長したので、一安心かと思いましたが、今シーズン限りでの引退とは‥‥。残念ですが、彼女のラストを見守りたいものです」(スポーツライター) 木村が引退となれば、彼女の代名詞でもある「バストアタック」も見納め。まりのようなFカップがコートで上下に激しく躍動するのもあとわずかだ。「2003年、アジア選手権で17歳にして日本代表デビューを果たし、現在30歳。男性ファンを魅了し続けてきたFカップも完熟の域に達した感があります。これを見逃すのはもったいない。ぜひVリーグを観戦してほしいですね」(前出・スポーツライター)Vリーグは10月29日開幕。サオリンのラストを見逃すな!
◆バレー木村沙織が現役引退意向 今季Vリーグ最後に
女子バレーボール日本代表のエースでリオデジャネイロ五輪に出場した木村沙織(30=東レ)が10日夜、自らのブログで今季のVリーグを最後に現役引退する意向を明かした。ご報告。とのタイトルを付け、「今年で50周年を迎えるVリーグ。ここを自分のバレーボール人生最後の場所にしたいと思っています」と記した。そして自らの小学時代の写真をアップし「24番から始まった私のバレーボール人生は最後、2番で締めくくりますっ」ともつづった。今季のVリーグは10月29日に開幕。木村の所属する東レは30日にPFUと初戦を戦う。
木村沙織 Saori Kimura きむらさおり
生年月日1986年8月19日(30歳)
出身地埼玉県八潮市
身長 185cm
体重 68kg
血液型 O型
木村沙織ビーチバレー_01
木村沙織ビーチバレー_02
木村沙織ビーチバレー_03
木村沙織ビーチバレー_04
木村沙織ビーチバレー_05
木村沙織ビーチバレー_06
木村沙織ビーチバレー_07

◆木村沙織 ようこそビーチバレーへ! マイクロ水着で乳首&性器見せ
ビーチバレーへようこそ! 大歓迎だよ“サオリン”!

 女子バレーボールの木村沙織(30)が、10月10日に自身のブログで、今季のプレミアリーグを最後に現役引退する意向を示した。
 「年齢的なことを考えても仕方ないですね。ただ、彼女の後を継ぐエースが育っていないのが残念なところです」(スポーツ紙記者)

 キャプテンとして出場したリオ五輪では5位とメダルならず。大会前から苦戦を予想されただけに、実力通りの結果ともいえる。
 「木村は身長185センチ。世界のエース級より10センチ近く低いんです。しかし、その身長を跳ね返すのが彼女の手首。瞬時に相手のいないところを見つけ、手首の返しで守りの隙を突くスマッシュ攻撃ができるから天才だったんです。ただ、近年はその瞬発力が落ち、通用しなくなった」(同)

 しかしながら、4大会連続の五輪出場は女子では初。バレーボール界に多大なる功績を残したのは事実なだけに、今後彼女の勇姿が見られないと嘆くファンは多い。そんな中、あるサプライズ情報をキャッチした。
 「実は彼女、バレーそのものを辞めるとは言っていないのです。それはズバリ、ビーチバレーへの転向。国家の威信をかけて戦っていたバレーボールに精神的に追い詰められていたのは事実。それだけに楽しみながらプレーをしたいと、ビーチバレーに興味を持っているようなんです。ご存じビーチバレーは、砂浜をコートに水着姿でプレーする競技。過去多くの選手がバレーボールから転向しています」(スポーツ誌編集者)

 折しも2008年の北京五輪で活躍した石島雄介が、先頃、ビーチバレーへの転向を発表したばかり。石島はビーチで東京五輪を狙うという。
 「2人一組のビーチは背の高さや打撃力よりも、コンビネーションが明暗を分ける。木村はバレー界では小柄ですが、ビーチでは理想的身長。動きも俊敏だし、活躍が望める」(同)

 木村がビーチバレーの選手となれば、気になるのは当然、水着の露出度。青空の下、より小さい水着を着けることが一流の証しとされるだけに、乳首や性器が露出するのも一つの勲章だ。
 「木村はB90センチ。小顔なのに、超ボリュームのぶるぶる感は垂涎ものです。無口でしゃべるのが苦手な分、小さな水着で、乳首&性器を見せてファンを喜ばせることが1番合っていると思います」(芸能記者) (http://wjn.jp/article/detail/7463326/)

 ビーチバレー関係者の皆さん、ビキニのユニホームをありがとう。


6 :みんなのエロ画像さん
これは信頼できるソース


10 :みんなのエロ画像さん
>木村はB90センチ。小顔なのに、超ボリュームのぶるぶる感は垂涎ものです。
>無口でしゃべるのが苦手な分、小さな水着で、
>乳首&性器を見せてファンを喜ばせることが1番合っていると思います」(芸能記者)


12 :みんなのエロ画像さん
>青空の下、より小さい水着を着けることが一流の証しとされるだけに、
>乳首や性器が露出するのも一つの勲章だ。

ワケわからないな…


13 :みんなのエロ画像さん
こんな狂った文章を爽やかに書けるなんてセンスと文才が芸術レベルだよな


15 :みんなのエロ画像さん
週刊実話だし信頼できる
サオリンは性器見せが大好き


18 :みんなのエロ画像さん
>>15
そうだな(白目)


22 :みんなのエロ画像さん
他の選手とのおっぱい格差すげーな
木村沙織ビーチバレー_08


29 :みんなのエロ画像さん
>>22
うん財宝だね


35 :みんなのエロ画像さん
この胸に信じて生きてきた


38 :みんなのエロ画像さん
ビーチクバレー


40 :みんなのエロ画像さん
ビーチバレーの水着参考画像
木村沙織ビーチバレー_09
木村沙織ビーチバレー_10
木村沙織ビーチバレー_11
木村沙織ビーチバレー_12
木村沙織ビーチバレー_13


41 :みんなのエロ画像さん
ビーチバレーなんて「どう、私でシコってるんでしょ?」って女がやるスポーツでしょ?


51 :みんなのエロ画像さん
割れ目の長さも凄いんだろうね
30cmはあるだろう
木村沙織ビーチバレー_14


58 :みんなのエロ画像さん
ビーチバレーという競技を完全に勘違いしてるとしか思えない


60 :みんなのエロ画像さん
浅尾美和も乳首ポロリしてたよな
木村沙織ビーチバレー_15


66 :みんなのエロ画像さん
でも実際木村沙織がビーチバレー転向したらおまいらも見たいんでそ?


72 :みんなのエロ画像さん
>>66
当たり前だ!


80 :みんなのエロ画像さん
ビーチでまってるぞおっぱい


90 :みんなのエロ画像さん
木村沙織のおっぱいが見たい!!
木村沙織ビーチバレー_16
木村沙織ビーチバレー_17
木村沙織ビーチバレー_18
木村沙織ビーチバレー_19
木村沙織ビーチバレー_20



現在のビーチバレーの妖精と言われている坂口佳穂 参考画像
坂口佳穂 おっぱい谷間
おっぱい谷間坂口佳穂ビーチバレー_21
坂口佳穂ビーチバレー_22
坂口佳穂ビーチバレー_23

坂口佳穂 極小水着
極小水着坂口佳穂ビーチバレー_24

坂口佳穂 ケツのワレメちょい見え
ケツワレメ坂口佳穂ビーチバレー_25
坂口佳穂ビーチバレー_26

坂口佳穂 尻
尻坂口佳穂ビーチバレー_27
関連記事



木村沙織 ビーチバレーへ転向?のTag:木村沙織 バレー 坂口佳穂

木村沙織 ビーチバレーへ転向?のComments: 8

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-30 Sun 03:40:46

ビーチバレー転向なんかしたら激シコなんだけど

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-30 Sun 07:36:55

リアルおっぱいバレー

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-30 Sun 08:14:19

お願いしますお願いしますビーチバレー転向してください

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-30 Sun 08:20:31

安定の実話

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-30 Sun 08:51:59

早くて来年からかな?

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-30 Sun 14:05:18

さおりんがビキニエロバレーとかヤバすぎ😍

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-30 Sun 17:20:31

人妻でも出来るぞ、って浅尾への見せつけかね?
ちなみに浅尾の相棒タケさんは未だ現役

名無しのエロ画像さん URL 2016-10-31 Mon 07:18:12

まぁ転向はないだろ

Comment Form
    
        

Home > スポーツ選手 > 木村沙織 ビーチバレーへ転向?

PR
週間PCアクセス

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
検索フォーム
記事一覧
* * *

最新コメント
Google検索

WWW検索 ブログ内検索

back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る