Home > 2017年04月19日

2017年04月19日 Archive

志村けんの無修正チンコ!?

志村けんの無修正チンコ!?
志村けんのインスタに無修正チンコ画像が掲載された模様。
事務所は不正ログインがあったとして公式に発表していますが、志村けんがインスタで誤って自分の勃起チンコを誤爆して掲載したように感じます…。ツイッターではそのチンコらしき画像がバイキング小峠に似ていたため志村けんの小峠と呼ばれています。
無修正チンコだったような画像は掲載しておりません。もし志村けんのチンコ画像だったら67歳にしては元気でビンビンチンコだとツイッターの反応。
◆志村けんの兄の写真、公開される 「そっくり」と話題に
お笑いタレント、志村けんさん(67)の兄で東京都東村山市役所の元職員、知之さん(70)の写真がTwitter上で公開され、「そっくり」「大変似てますね」などと話題となっている。写真を掲載したのは東村山市の渡部尚市長で、知之さんとツーショットで写っている。渡部市長は、「志村さんは市役所を定年退職後も職場の後輩の要請に応えて臨時職員としてご尽力いただきました」などと記している。知之さんに取材をした産経ニュースによると、知之さんは通算47年にわたって同市役所に勤務。定年退職した後、後輩からの求めに応じる形で臨時職員などを務めたが、「定年からちょうど10年になり、70歳ということもあって退職した」。渡部市長によると、知之さんの人柄は「実直でまじめで、昔ながらの公務員」という。

志村けん しむらけんプロフィール


志村 けん(しむら けん)は、日本のコメディアン、お笑いタレント。ザ・ドリフターズのメンバー。
志村けん 公式インスタ https://www.instagram.com/ken_shimura_bakatono/
本名 志村 康徳(しむらやすのり)
生年月日1950年2月20日(67歳)
出身地 東京都北多摩郡東村山町(現:東村山市)
血液型 A型
身長 166cm
志村けん無修正チンコ_01
志村けんの無修正チンコ!?の続きを読む

稲村亜美の恵体ボディ、大谷翔平との噂も!?

神スイング稲村亜美(いなむら あみ)の恵体(めぐたい)ボディ、大谷翔平との噂も!?
神スイング稲村亜美の始球式が話題です。また日本ハムファイターズ大谷翔平と付き合っている疑惑などがあるらしいですが…真相は!?
※恵体(めぐたい)⇒ネットスラング、「恵まれた体格」の意味
◆103キロ記録の稲村亜美さん、インフルエンザ明け今回の始球式は…
Koboパーク宮城で行われた楽天―日本ハム戦で「神スイング」で知られるタレントの稲村亜美(21)が始球式を行った。12球団本拠地球場の始球式制覇が目標で、通算9球場目のため、背番号9で登場。自己最速103キロの更新はならず、外角高めの球は97キロだった。「100キロはいくと思ったのに。30分前から胃が痛くなって。地に足がついていなかった」と悔しそうだった。4月8日に阪神-巨人戦(甲子園)で始球式を行い、その直後にインフルエンザを発症。病み上がりでの登板となったが、「ずっと投げたいと思っていた球場。今までで1番気持ち良く投げられました」と笑顔を振りまいていた。
◆阪神・藤浪、インフルの餌食に 大谷翔平、稲村亜美に続く“大物食い"
阪神・藤浪晋太郎投手(23)が16日、兵庫・西宮市内の病院でインフルエンザA型と診断され同日、出場選手登録を外れた。今年のインフルエンザは“大物食い"だ。阪神では、8日・巨人戦(甲子園)で始球式を務めたグラビアアイドル・稲村亜美(21)が翌日にA型と診断され仕事をキャンセル。一方、藤浪の同い年のライバル、日本ハム・大谷翔平は左太もも裏肉離れを発症し出場選手登録を抹消された直後、弱り目にたたり目でインフルエンザB型と診断された。

稲村 亜美 いなむら あみ プロフィール


稲村 亜美(いなむら あみ)は、日本のタレント、グラビアアイドル、
https://twitter.com/inamuraami
生年月日 1996年1月13日
現年齢 21歳
出身地 東京都
血液型 A型
公称サイズ
身長 173cm
スリーサイズ 86cm 61cm 88cm
浅井企画所属
稲村亜美大谷_01
稲村亜美の恵体ボディ、大谷翔平との噂も!?の続きを読む

水泳の授業で女子生徒に水着でY字バランスをさせた変態教師、停職処分

水泳の授業で女子生徒に水着でY字バランスをさせた変態教師、停職処分
水泳授業中に女子生徒にY字バランスさせる… 教諭の不祥事が後を絶たず
生徒を傷つける教諭が後を絶たない。水泳の授業で女子生徒にY字バランスをさせたりなどとして、東京都教育委員会は今月14日、教諭たちに相次いで懲戒処分を出した。教諭たちは「コミュニケーション」「指導」だったと釈明しているというが、生徒たちは都教委側に対して不快感を訴えている。停職3カ月の懲戒処分を受けた都立高校の男性教諭=処分当時(61)=は平成26年6月25日、水泳の授業中のプールサイドで、女子生徒1人にY字バランスや開脚をさせたとされる。「体が柔らかい子なので、すごいことができることを他の生徒に見せたかった」と説明した。教諭はほかにも同時期のプールの授業中、複数の女子生徒に対し「早くプールに入りなさい」とせかしながら、尻や太ももの後ろ側をポン、ポンとたたき、不快感を与えたとされる。「コミュニケーションを図るためのスキンシップだった。コミュニケーションの一環としてやっていた」と釈明したとされる。しかし、そのようなコミュニケーションが認められるわけがない。
◆多摩地域の公立中学校の男性教諭=同(60)=は部活指導中の暴言や体罰を理由に減給3カ月(10分の1)の懲戒処分となった。
都教委によると、この教諭は昨年7月から同8月にかけて行われた試合や練習で、複数の女子生徒に対して「だからおまえらは嫌いなんだ」と発言し、そのうちの1人には「おまえはいらない存在なんだ」と言ったとされる。この生徒にはさらに、頭をたたく体罰を10回行ったという。この生徒が同12月、都教委の定期的な体罰調査に被害を申告したことで発覚。教諭は都教委に対し、生徒たちが指示通りに動かなかったことを理由にこうした言動に及んだと説明。「私の軽率な言動が生徒を傷つけたことに関して、深く反省している」と話した。停職6カ月の懲戒処分を受けた多摩地域の公立中学校の男性教諭=同(56)=は26年から27年にかけて、複数の女子生徒を膝の上に乗せたり、腰に手を当てたりする行為を繰り返したとされる。このうちの1人は都教委の調査に対し、「『おいで』と誘われることもあった。イヤといえなかった」と述べ、教諭の不快感を覚えていたと証言。一方、教諭は「生徒とのスキンシップが『精神的な近しさ』に必要だと思っていた。自分の指導のスタイルを変えることができなかった」と釈明しているという。
◆「教師なんてやめなさい」と言われる時代
学校の先生といえば「安定」と「社会的ステータス」を兼ねそなえた魅力的な職業でした。しかし、近ごろは「あんな大変な仕事はやめなさい」と忠告されることも少なくありません。スクールカウンセラーが書いた『教師の資質』(諸富祥彦・著/朝日新聞出版・刊)によれば、現代は「教師受難の時代」です。受難(じゅなん)とは、「苦しくつらい思いをする」「災いを受ける」という意味です。学校の先生たちを悩ませているのは、「いじめ」や「学級崩壊」や「モンスターペアレント」だけではないようです。
教師の受難「4つの要因」
(1)多忙さ
(2)学級経営、生徒指導の困難
(3)保護者対応の難しさ
(4)同僚や管理職との人間関係の難しさ
要するに、現代の教師は「とにかく忙しい。心の休まる暇がない」わけです。愛知県教育委員会が2010年4~6月に県立学校に勤める教員約1万1000人の勤務時間を調べたところ、国が過労死の危険ラインとする月80時間超の残業をしていた教員が3ヶ月の平均で13パーセントに上っていたことがわかったと言います。
JK水着Y字バランス_01
水泳の授業で女子生徒に水着でY字バランスをさせた変態教師、停職処分の続きを読む

Home > 2017年04月19日

PR
週間PCアクセス

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
検索フォーム
記事一覧
* * *

Google検索

WWW検索 ブログ内検索

back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る