Home > 2017年01月06日

2017年01月06日 Archive

愛音まりあAVデビュー

愛音まりあ(あいねまりあ)AVデビュー
◆新人 プレステージ専属デビュー 愛音まりあ
気品溢れる美しさを魅せる20歳の美少女『愛音 まりあ』が、プレステージ専属女優としてAV界に進出!凛とした顔立ちや均整のとれたEカップ美乳、肉感的なお尻etc.何もかもが規格外な美少女がカメラの前に素肌をさらけ出す♪緊張と同時に期待を抱えながら初撮りの現場へと足を踏み入れ、優しいキスから撮影スタート!艶やかな体を愛撫されると、彼女の手は自然と男優の股間へ!ねっとりしたフェラでご奉仕した後は、自らマ○コを押し付けて挿入をおねだり!緊張を忘れて激しいピストンをたっぷりと堪能!色彩豊かな表情や今後を期待せずにはいられないエロポテンシャルを魅せつけてくれる、全てが‘最高水準’な美少女が降臨!
◆ シロウトTV 【初撮り】ネットでAV応募→AV体験撮影171 まりあ20歳 フリーター
顔が近づくだけでドキドキする。まんまるとした瞳にアイドル顔負けのルックス。「エッチなビデオが大好きで・・特にマッサージ系とか痴・漢系のビデオが大好き」ってモジモジしながら答えてくれたお嬢様系美少女「まりあ」さん。小学3年生の頃からエッチな雑誌を見ながらひたすらま◯こを開拓して、声を殺してオナニーをしてたみたい。初めてのハメ撮りに緊張するまりあちゃん。服のホックが外れ、スタイル抜群の身体にEカップのおっぱいがあらわになる。「いつも・・でちゃうの」って乳輪がブラから顔を出してる。お尻のワレメまでくっきりとわかるくらいパンティーがスケスケだ。敏感だという耳を触ると顔を真っ赤にしてお尻をモジモジしてる。顔を出した綺麗な乳輪を触るとまたまた敏感に反応してる。指を谷間に挟むとEカップおっぱいに挟まれて気持ちがいい。「あぁ・・すぐ・勃っちゃうんだもん」って両乳首ともコリコリだ。電マを取り出し、乳首に軽く押し当てると、「あぁ・・あぁっ!!」ってピクピクする。「どこに当てて欲しい?」M字開脚で待つまりあちゃん「クリに当てて」って欲しがって仕方がない。「あぁっ!!そこぉ・・あぁっっ!!」「イキそうになっちゃうよぉ」ってビックんビックんしてる。焦らしていると「いかせてくださぃ・・」ってお願いされ、パンティーを脱がすとつるつるのま◯こ。四つん這いにして、ま◯この具合を確かめたらしっとりと濡れて糸を引いている。やはり、直に当てるのは気持ちいいらしく、さっきより感度が違う!電マを当てながらクンニをすれば、鳴きっぱなしだ。「だめだめっ!だめだめぇぇっ!!」って上下する腰・・・まりあちゃん・・ピクピクしながらイッちゃったみたいだ。痙攣してるま◯こを自らまんぐり返しで広げたまりあちゃん・・なんてぇ・・いやらしいんだろう。もぅ、我慢できなかったみたいでち◯こにしゃぶりつくまりあちゃん。色っぽい目つきでこちらを見つめ、カリをちゅぱちゃぱとバキュームフェラ。「おいしい・・・」回すようにしゃぶりついてくるもんだから、カリが張って張ってしょうがないよぉ!どんどん吸い込まれていくよ・・。そして、フル勃起したち◯こをぬるぬるま◯こに挿れていく。「おっきぃ・・きもちぃぃ・・おち◯ちん・・奥まで当たっ・・ておま◯こ・・きもちぃい」って喘ぐ。だんだんと激しくなっていく突きに身体は痙攣しっぱなしだ。一番まりあちゃんのエロさが際立ったところは「すごぃ・・奥すごい」って飛び跳ねる騎乗位・・おっぱいもぷるんぷるん動いて股を開いて全部丸見えだ。鳴きっぱなしのバックに最後は猛烈なお掃除フェラ・・・あぁっ!まりあのま◯こにいつまでも挿れていたい。
◆愛音まりあ(あいねまりあ) プロフィール
愛音まりあ 公式ツイッター https://twitter.com/maria199602222
現年齢 20歳
出身 神奈川県
身長 165センチ
スリーサイズ B86cm H59cm W88cm
ブラジャーサイズ Eカップ
趣味 コスプレ
愛音まりあ_01
愛音まりあAVデビューの続きを読む

元日テレ女子アナ・脊山麻理子ケツ出しプロレスまとめ

元日テレ女子アナ・脊山麻理子ケツ出しプロレスまとめ
◆脊山麻理子がプロレスデビュー、セクシーコスで参戦「ポイントはお尻」
脊山麻理子&鈴木奈々のプロレスデビューは「芸能界でカウント3寸前」の証?
本人たちにとっては意を決しての新たな挑戦のつもりだが、世間の評価は「落ちぶれただけ」で一致だ。フリーアナウンサーの脊山麻理子とタレントの鈴木奈々が、昨年12月22日に後楽園ホールで女子プロレス団体「スターダム」年末興行でプロレスデビューを果たした。この女子プロレスラーへの挑戦は1月4日放送のバラエティ番組「スカウちょ!」(テレビ朝日系)の企画の一環。バラエティの企画ではあるものの、2人は猛特訓を重ね、リングに上がったようだ。脊山、鈴木とともに艶やかな衣装に身を包んで熱いファイトを繰り広げただけに、2人のファン限定で考えれば番組の放送を待ちわびているといったところだが、それ以外の世間の声は「単に落ちぶれただけ」「正月にプロレスの仕事しか来ないって‥‥」「すっかりヨゴレだな」など、2人のタレントとしての需要が崖っぷちにきていると揶揄する声が非常に多い。「元日本テレビアナウンサーの脊山はプロレスノートをつけるほどの大のプロレス好き。ですから本人にとっては待望のオファーだったかもしれませんが、やはり局アナがグラドルに転身した後に女子プロレスラーですから、世間が落ちぶれ感を抱いたとしても不思議ではない。性格のキツさからバラエティなどの現場での評判も賛否があって、自らの活動の幅を狭めてしまっている印象です」(週刊誌記者)また、鈴木も同じおバカタレント枠で藤田ニコルが大ブレイクしたことで、ピーク時と比べてあきらかにテレビ出演は減少しているという。最近は艶っぽいアピールも増えているが、そのありがたみも微妙という声がしきり。今回のプロレス挑戦がどういった状況で承諾した“仕事”なのかを想像するのも難しくはないが、芸能界でカウント3を先に聞くのはどちらか?

◆脊山麻理子のプロレスデビューに“古巣”日テレ周辺から冷ややか目線「もう熟女AVしかない?」
脊山麻理子のプロレスデビューに“古巣”日テレ周辺から冷ややか目線「もう熟女AVしかない?」
東京・後楽園ホールで行われた女子プロレス団体「スターダム」の興行でプロレスデビューを果たした元日本テレビアナウンサーの脊山麻理子に、冷ややかな目線が注がれている。これは、多種多様な業界のプロがガチンコでスカウトするテレビ朝日系の特番『スカウちょ!』(1月4日放送)の企画によるもので、脊山は鈴木奈々とともに女子プロレスに挑戦していた。試合は30分1本勝負で、脊山は“女子プロ界のエース”紫雷イオとタッグを組み、松本浩代&ジャングル叫女組と対戦。松本にSTF、叫女にはダイビングボディープレスを決めるなど、デビュー決定から毎日2~3時間の厳しいトレーニングを積んだ成果を見せた。だが、これには古巣の日本テレビ周辺からも「元局アナがそこまでやるか」という声が絶えないというのだ。「テレビ局の経費削減でフリーアナの仕事が減る中、本業にこだわっていては食っていけないという事情はわかりますが、まさか女子プロレスとはね。プロレスに挑戦といっても、もちろん脊山に本格的な格闘術が求められていたわけもなく、半ケツを強調したセクシーなコスチュームに身を包んでいたように、完全にお色気要員的な仕事ですよ」(スポーツ紙記者)
 まさに“迷走”というしかないが、そもそも日テレ退社後の脊山はグラビアなど、従来のフリーアナとは異なる路線で活動してきた。「ビジュアルの良さを生かし、写真集で“ナマ尻”を披露して、女子アナファンからは『女子アナ史に残る快挙』との声も上がりました。もはやフリーアナというよりは、単なるタレントといっていいほど。ただ、その一方で、バラエティ番組などではトーク下手を露呈。元局アナらしくプライドだけは高く、自分が気に入らないイジられ方をされると、番組中でも不機嫌になってしまう。セクシー路線に活路を見いだすしかなかった、という事情もあります。それでも露出を減らしていくフリーアナが多い中、なんだかんだでしぶとく生き残ってはいます。しかし、それも現状のビジュアルを保っているという前提があってこそ、なんですけどね」(同)現在すでに36歳だけに、中途半端なセクシー路線では賞味期限もあとわずか。このまま手をこまねいていては、ジリ貧状態に陥るのは必至。現状を打開するには、熟女AVぐらいしかないのではないか。
脊山麻理子ケツ出しプロレス_01
元日テレ女子アナ・脊山麻理子ケツ出しプロレスまとめの続きを読む

Home > 2017年01月06日

PR
週間PCアクセス

みんなのエロ画像

エロ画像まとめ みんなのエロ画像

アダルトサイトのため18禁です。
※画像・動画はすべてネット拾いです。
お問い合わせフォーム

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る