Home > ビッチ・ギャル Archive

ビッチ・ギャル カテゴリー67件

ハロウィンナンパでセックス!

ハロウィンナンパでセックス!
◆露出度高め、過激ハロウィンコスで渋谷熱狂
31日にハロウィン当日を控え、週末の29日、早くも東京・渋谷には仮装コスチュームに身を包んだ女子たちが集結。露出度高めの過激な衣装や、トレンド仮装を着こなしたガールズを紹介する。渋谷には、健康的な肌見せから、胸元を大胆に露出したアーミーガールやバニーガール、ナース、お腹を出したキュートな黒猫、セクシーな網タイツで美脚を惜しげもなく披露した女豹まで、刺激的なコスが勢揃い。道行く人々の視線を釘付けにした女子たちの中には、取り囲まれ撮影大会が終わらないほどの人気を集めている人も。今年一世を風靡したスマートフォン向けゲーム「Pokemon GO(ポケモン・ゴー)」の影響でポケモンになりきる人も多かったが、ミニ丈ワンピースのキュートなピカチュウも多数出現していた。
◆渋谷に「歩行者天国」出現 コス集団大殺到で通行規制
週末の29日、早くも東京・渋谷には仮装コスチュームに身を包んだ若者たちが集結。午後8時過ぎ、渋谷駅近くのファッションビル「SHIBUYA 109」がある「道玄坂下」の交差点から、「文化村通り」と「道玄坂」のそれぞれの一部などに車両の通行規制が敷かれ、「歩行者天国」が出現した。JR渋谷駅前からスクランブル交差点、センター街にかけて人が溢れかえるほどの盛り上がり。例年以上の混雑となり、警視庁は、あらかじめ発表していた通行規制を敷いた。ワールドカップの日本代表戦や年末年始のカウントダウンに準じた数百人規模の警備が行われたほか、翌朝のごみの大量散在対策のため、駅周辺にごみを回収するエコステーションの設置や着替え・メイク場所の提供、清掃ボランティアの支援などを実施。今年は、各施設を増加したほか、新たに仮設トイレを設け、マナー啓発活動を行うなど、さらに対策を強化している。
ハロウィンナンパセックス_44
ハロウィンナンパでセックス!の続きを読む

女子大生風俗嬢が年々増加そのワケは?

女子大生風俗嬢が年々増加そのワケは?
◆学費を払うためにカラダを売る女子大生風俗嬢が年々増加「向上心が高い学生ほどカラダを売っている」
◆カラダを売って大学進学する貧困「女子大生風俗嬢」大量参入の背景と借金漬けの実情
◆借金883万円……カラダを売って大学進学?“女子大生風俗嬢”大量参入の背景とは
ノンフィクションライター・中村淳彦さんは、新著『女子大生風俗嬢』(朝日新書)で、ここ10年、女子大生が風俗に続々と参入し続けているという驚愕の現実を伝えている。これまでにも『日本の風俗嬢』(新潮社刊)、『ルポ 中年童貞』(幻冬舎刊)など、風俗業やアダルトビデオ業界についての著作に定評がある中村さんによると、どの風俗店にも一定数の女子大生風俗嬢が存在するという。彼女たちがセックスワークを選ぶ理由は決して“遊ぶ金欲しさ”などではなく、ほとんどが「学費を払うため」だ。いわゆるバブル世代と呼ばれる世代は、世帯収入が高く、大学の学費は親が支払うことが当然だった。しかし、慢性的な雇用不安や格差拡大を背景に、現代では大学進学までの学費を負担できない家庭も多い。多くの若者が、自力で学費を捻出しなければならなくなっているのだ。
 さらに学費の高騰が学生たちを苦しめている。日本の大学の授業料は、近年上昇し続けており、1960年代の国立大学の授業料は、年間1万2000円だが、それが今では年間授業料は53万円にも上る。貨幣価値の上昇を勘案しても、格段に高騰しているのは間違いない。学費を払うために、長時間のアルバイトで疲弊し、学業が疎かになってしまっては本末転倒。同書に登場する女子大生風俗嬢は、過労死レベルの“ブラックバイト”で消耗するよりも単価が高い風俗で働けて良かった、そのお金で海外留学したい、就職活動に集中したいと述べる。向上心が高い学生ほどカラダを売っているという、皮肉な現象が起こっているのだ。
 あくまでも自身の個人的見解であるが、と断った上で中村氏は、その大学を卒業することでバリバリ稼げて、速やかに奨学金を返済できる見込みがないのならば、安易に大学に進学すべきではない。学費が安い通信制の大学を選択することも視野に入れて、現実的に自分の進路を熟考すべきだと訴えている。大学進学のためにセックスワークに従事する彼女たちのリアルに迫った中村氏は、「これから女子大生風俗嬢は、ますます一般化することは間違いない」(同書より)と断言している。
◆風俗バイトは就活成功への近道!? 女子大生風俗嬢が急増した意外な理由とは
「学費を稼ぐために、この業界に入った――」
 キャバクラ嬢や風俗嬢の常套句といもいえるこの一言。かつては、単なる営業トークだととらえられがちだったが、いまやその言葉こそが真実になりつつあるようだ。「ここ数年、普通の女子大生が風俗業界でバイトをするケースが非常に増えてきました」と語るのは、10月13日に『女子大生風俗嬢 若者貧困大国・日本のリアル』(朝日新聞出版)を上梓した、作家の中村淳彦氏だ。
 本来ならば学生生活をエンジョイしてしかるべきの女子大生たちが、なぜ風俗に身を染めてしまうのか?
中村:若者や学生の貧困は、凄まじいことになっている。親からの援助が減ったりなくなって、真面目に勉強したい、いい就職したい、奨学金という借金のこわさを知っている……など、自立した頭のいい学生ほど風俗嬢をしている。風俗は豊臣秀吉が日本で初めて作ったと言われているけど、今現在は安土桃山時代以降の長い歴史の中で、最も女性がカラダを売ることが一般化している時代かもしれない。
なぜそうなっているのか。理由のひとつは、親の世帯収入の減少で大学の学費の負担が困難になっていること。それと国による高等教育予算削減の結果、学費高騰していること。そうした事態にも関わらず、高卒就職は急激に減って、若者たちが大学へ進学せざるをえない。こうした、さまざまなネガティブな社会背景が重なって、学費や生活費で困難を抱える学生が増えてしまった。今の女子大生風俗嬢たちのほとんどは、例えば高度成長期やバブル期に大学生だったら、一生カラダを売ることはなかったと思います。
――昔であれば、学費を払えないのならば、奨学金に頼るという手もあった。日本学生支援機構の調査によれば、現在、奨学金制度を利用している日本の大学生は50%以上と、過去最高の割合となっている。しかし、この奨学金制度こそが女子大生が風俗に流れ込む大きな要因だと中村氏は語る。
中村:かつての給付型や無利子の奨学金とは違い、いまの奨学金は、国がお金を有利子で学生に貸しつけて金融事業化している。『奨学金』との名前こそついているけど、実態は学生ローン。その結果、大学生の過半数は、大学進学によって自己破産相当の借金を背負い、卒業後には、社会人になって半年後から15年~20年かけた返済をする。自己破産相当の借金なので社会生活、結婚、出産など、人生設計が狂う。払えなかったら容赦なくブラックリスト送り。非婚や少子化が加速するのは当然で、未成年に自己破産相当の金融契約をさせるなど、どう考えても異常な制度としか思えません。
――そして、気になるのが、風俗嬢となった女子大生たちの就職先だ。一度風俗業で身体を売ることに慣れてしまえば、そのまま卒業後も風俗嬢として働き続けてしまうのでは?
中村:就職先はピンからキリまで千差万別ですが、カラダを売ることによって経済的貧困を脱して、学生時代に時間にゆとりができるので、実は女子大生風俗嬢の方が普通の学生よりも就職がよかったりする。ただ一方で、『カラダを売って換金』という経験をしているため、世の中を斜めに眺める力もついている。ブラック企業みたいな会社に就職をしてしまったら、すぐに辞めて風俗に出戻るでしょう。
――貧困世帯の女子大生にとって、風俗は就活を成功させる最善の策となりつつあるのかもしれない。学費のために、風俗に身をやつす。苦学生を地で行く女子大生が急増する一方で、風俗嬢になれる女子学生は、「まだ恵まれている」とのこと。
中村:仮にカラダを売る覚悟をしたとしても、供給過剰なのですべての女子大生が風俗嬢になれるわけではない。売れる外見とカラダなど高いスペックがないとそもそも採用されない。ダメだった子は、最低賃金に近いブラックバイトで、学生生活を楽しむ間もないほどに働く。また、経済的貧困には男女関係がないので、『カラダ』という売り物がない男子学生は男娼やホストになったり、大学の同級生や恋人を風俗に沈めたり、詐欺に加担してしまうケースもある。
――また、貧困家庭に育った子ほど、NPOや福祉業界に興味を持ち、ブラック企業に入社する傾向があるのだとか。
中村:そもそもFラン大学は学費が高い。さらに、福祉関係の学部に進んでも、福祉・介護業界は賃金が安くて雇用条件も悪く、なかなか奨学金返済分の年収を得ることは難しい。自己破産相当の負債を背負ったら、どう考えてもアウトです。返済できるはずがない。社会人になっても奨学金に搾取され、低賃金長時間労働でブラック企業に搾取され……まるでホラーです。その後の人生は、地獄みたいなものになるんじゃないでしょうか。
――学生たちの貧困化がますます進み、さまざまな社会問題を産んでいく。その悲惨な状態に対して、中村氏はこう提言する。
中村:進学を控えた高校3年生までに、人間は決して平等ではないことを知るべき。世帯収入が低い親に生まれてしまった若者は、勇気をだして『昼間過程には進学しない』もしくは『大学には行かない』という道を選択した方がいい。日本の9割の会社は中小企業、大学卒が絶対条件ではないので、人生が制限される借金を回避して高卒で自分に向いている道を探し、社会の中で逆転することを狙うべき。どうしても、勉強したいなら通信過程でもいいじゃないですか。むしろ、今のブラック企業だらけの状況で、奨学金で多額の借金を背負ってしまえば、人生の取り返しがつかなくなりますから。
女子大生風俗嬢_01
女子大生風俗嬢が年々増加そのワケは?の続きを読む

【放送事故】ギャルの水着がとれてマンコが見えそうになる

【放送事故】ギャルの水着がとれてマンコが見えそうになる
さまぁ~ずのご自慢列島ジマング - フジテレビより8/21の放送回です。
全国の自慢したい人々が自身の自慢をテレビを通して存分に紹介!司会はさまぁ~ずの2人。登場する数々の自慢に爆笑!?驚嘆!?感動!「私はこんな技を持っているよ!」「私の地元にはこんなものがあるよ!」などなど自慢紹介者がプレゼンする自慢VTR(=ジマング)をゲストとともにスタジオで鑑賞し、その自慢にもスタジオで挑戦します!
ギャル水着マンコ_01
【放送事故】ギャルの水着がとれてマンコが見えそうになるの続きを読む

黒ギャルが絶滅の危機に 小悪魔アゲハも休刊へ

黒ギャルが絶滅の危機に 小悪魔アゲハも休刊へ
ギャルはこのまま終わるのか?――相次ぐギャル雑誌の休刊とギャルの激減
今年は、ギャルの存亡が話題となった一年でもありました。ギャル雑誌は次々と休刊し、ストリートでもギャルの姿をあまり見かけなくなりました。
雑誌文化の衰退
まず必要とされるのは、ギャル雑誌の衰退とギャル文化の衰退を分けて考えることでしょう。
これまでギャル文化において、雑誌は大きな役割を果たしてきました。しかし、今年は有力なギャル雑誌がいくつも休刊しました。90年代後半の〈コ〉ギャルブームを牽引した『egg』(大洋図書)、00年代後半にキャバ嬢スタイルで一斉を風靡した『小悪魔ageha』(版元のインフォレストが倒産)、そして『Popteen』の姉雑誌である『BLENDA』(角川春樹事務所)などがそうです。
ギャルになるリスク
ここからは雑誌から離れ、ギャル文化そのものについて述べたいと思います。
現在の若い女性たちの文化で全般的に確認できるのは、一言でまとめれば保守化傾向です。10代の性体験率の低下、アイドルブーム、黒髪・清楚ブーム等、各所で保守化を指し示すかのような現象が見て取れます。この傾向はもう3、4年続いています。保守化した理由は、大きく分けて4つあります。
一つ目は経済要因です。若い人たちの可処分所得の使途が、通信費用などにかなり比重を移していることが考えられます。たとえばギャルの特徴である茶髪や金髪にするためには、美容室で2~3ヶ月に一回ヘアカラーをしなければなりません。すると、年間で2~3万円を使うことになります。また、ファストファッションの浸透により、洋服にそれほどお金をかけない生活も浸透しました。ユニクロだけでなく、06年・GU、08年・H&M、09年・フォーエバー21とさまざまなファストファッションのブランドが定着しました。東京で言えば、新宿三丁目は伊勢丹の周囲にファストファッション店が軒を連ねている状況です。
ただ、そうしたことよりもやはり大きいのは文化的な要因です。ギャルのような派手な外見をすることが、若い人たちにはリスクだと捉えられているからです。
ギャルの未来
ギャル雑誌の退潮とギャル文化の退潮は、もちろん相互に作用して進んできたものです。ギャル文化にはいくつか新しい兆候も見られなくはありません。
ひとつが、衰退に繋がるギャルのネタ化です。映画『下妻物語』で土屋アンナが演じたレディースや、あるいは男子キャラであれば阿部秀司の『エリートヤンキー三郎』で描かれたヤンキーのように、希少性が高まればその存在は「変わり者キャラ」として見なされ、ネタとして扱われるようになります。そしてその果てには、氣志團のように現実とは離れて自律するシミュラークルと化します。再興に繋がることとして挙げられるのは、ヴィジュアル系との合流によって生じている「V系ギャル」のさらなる浸透です。オタク気質の強かった従来のバンギャとは違い、ヴィジュアル系のファッションをカジュアルに取り込むスタイルです。既にアッシュ系の金髪にしている女性が散見されるように、爆発的な拡大をうかがわせる萌芽は見えています(本当に拡大するかどうかはわかりませんが)。
最後は、もうちょっと先に予想されることです。コギャル世代の先頭は30代後半に差し掛かっており、母親になった元〈コ〉ギャルも少なくありません。たとえば1977年生まれの女性が24歳の2001年に出産したと仮定すると、その子供は2017年に高校に入学することになります。子供が親の影響をどれほど受けるかはわかりませんが、〈コ〉ギャルチャイルドによってギャル文化が再興する可能性もないとは言えません。 (http://bylines.news.yahoo.co.jp/soichiromatsutani/20141220-00041676/より、読み応えがあるので時間があるときにどおぞ)
ギャルエロ画像_01
黒ギャルが絶滅の危機に 小悪魔アゲハも休刊への続きを読む

黒ギャルエロ画像

黒ギャルエロ画像です♪
黒ギャル♪黒ギャル♪
黒ギャルエロ画像
黒ギャルエロ画像の続きを読む

日常系ギャルエロ画像

日常系ギャルエロ画像です。今回でパート2です。
エロい女の子とエロいカラダとプライベート感がいいです♪
日常系ギャルエロ画像
日常系ギャルエロ画像の続きを読む

制服エロギャル

制服エロギャルです~★
制服ギャル
制服エロギャルの続きを読む

ハイレグ&Tバック!

ハイレグ&Tバック!
ハイレグ&Tバック!
ハイレグ&Tバック!
ハイレグ
ハイレグ&Tバック!の続きを読む

エロギャルビッチなOL画像

エロギャルビッチなOL画像です♪
OLギャル
エロギャルビッチなOL画像の続きを読む

ギャル下着

ギャル下着エランジェリーです。
エロいです。シコシコ♪
ギャル下着
ギャル下着の続きを読む

クラブダンサーエロギャル画像

クラブダンサーエロギャル画像です♪エロいなあ~?
クラブダンサーエロギャル
クラブダンサーエロギャル画像の続きを読む

エロギャルTバック画像

エロギャルTバック画像です。かわいいお♪
エロギャル
エロギャルTバック画像の続きを読む

下着モデルエロ画像

下着モデルエロ画像です。エロいです。
下着モデルエロ画像
下着モデルエロ画像の続きを読む

エロギャルハイレグ水着エロ画像

エロギャルハイレグ水着エロ画像です。エロいです。
エロギャルハイレグ
エロギャルハイレグ水着エロ画像の続きを読む

エロギャル下着

エロギャル下着
エロ下着ギャルでっす♪
エロギャル下着
エロギャル下着の続きを読む

エロギャルのTバック画像

エロギャルのTバック画像っす!
エロギャルTバック
エロギャルのTバック画像の続きを読む

黒ギャルエロ画像82枚!

黒ギャルエロ画像82枚!ヤリたい!
黒ギャルエロ画像
黒ギャルエロ画像82枚!の続きを読む

エロギャル!エロギャル!

エロギャル!エロギャル!
エロギャル
エロギャル!エロギャル!の続きを読む

エッチでかわいい女の子の画像♪

エロギャル☆

Home > ビッチ・ギャル Archive

PR
週間PCアクセス

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
検索フォーム
記事一覧
* * *

最新コメント
Google検索

WWW検索 ブログ内検索

back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る