Home > ロリータ・ロリコン Archive

ロリータ・ロリコン カテゴリー2件

18歳未満イメージビデオ発売禁止!?

18歳未満イメージビデオ発売禁止!?
◆DMM、18歳未満が出演するイメージビデオの取り扱いを全て停止
NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)が児・童ポルノに関する調査報告書を公表したことを受けて、DVD販売や動画配信などの事業を展開する「DMM.com」は9月7日、アイドルやタレントが出演するイメージビデオのうち、18歳未満が出演する作品の取り扱いをすべて停止したと発表した。HRNが9月5日に公表した児・童ポルノに関する調査報告書は、イメージビデオのなかに、いわゆる「3号ポルノ」(児・童ポルノ禁止法2条3項3号)の疑いがある作品があり、「DMMでも販売されている」などと指摘していた。DMMが9月7日に発表した声明によると、同社は今年7月25日から、アダルトビデオメーカーなどでつくる業界団体「知的財産振興協会」(IPPA)や加盟審査団体の審査を受けていないAV作品の取り扱いをすべて停止していた。また、これまでも、18歳未満が出演するAVは「一切取り扱っていなかった」という。一方で、イメージビデオについては、同社が定める独自の倫理基準に合格すれば、18歳未満が出演する作品も取り扱っていた。その基準の見直して、性的な描写がなくても取り扱いを停止するよう進めていたところ、HRNの調査報告書を公表したため、急きょ早めることにしたという。HRNの報告書が取り上げた児・童ポルノに関する問題について、DMMは「真摯に受け止め、問題の根絶さらには業界全体の健全化を目指し、販売店として対応を引き続きおこなってまいる所存です」と強調している。
◆『児・童ポルノDVD』が氾濫している、NPOが報告書
NPO法人ヒューマンライツ・ナウ(HRN)の調査チームが、1年以上にわたって、東京都内の店舗とインターネット上の児・童ポルノについて調査をおこなった。調査によると、あからさまに「児・童ポルノ」であることを宣伝するDVD、出演者が18歳未満であることを宣伝する「ポルノDVD」、出演者の容姿・服装・体型などから18歳未満であることが疑われる「ポルノDVD」が商品として流通し、インターネットでも配信されていることを確認できたという。こうした状況の背景には、(1)出演者の年齢が明らかでないため、「児・童」か否か判別できないとして警察による取締りがおこなわれないこと、(2) 13歳未満が出演するコンテンツについて審査・流通・販売段階のチェック体制が不備であること、(3)(児・童ポルノ法2条3項)3号で規定されたポルノについての実質的なチェック体制が不備であることが挙げられる、としている。
◆児・童ポルノ取り締まり強化を 人権団体が報告書
児・童ポルノが国内やインターネット上で出回っているとして、人権団体「ヒューマンライツ・ナウ」は7日までに根絶に向けた取り締まりの強化や法規制を求める調査報告書を公表した。昨年5月から約1年間行った調査によると、東京都内の店舗やインターネット上で、児・童ポルノやその疑いのある画像や動画が公然と販売され、流通している実態が確認された。報告書は、原因について、出演者の年齢が18歳未満かどうか判別できないために警察が取り締まっていないことや、流通・販売過程のチェック体制が不十分であることを挙げた。
18歳未満イメージビデオ発売禁止_01
18歳未満イメージビデオ発売禁止!?の続きを読む

発育の悩み装い12歳女児のロリマンコ画像ゲットした男逮捕

発育の悩み装い12歳女児のロリマンコ画像ゲットした男逮捕
◆女子中生装い、女児に裸画像送らせた疑い、男逮捕
兵庫県警少年育成課や宝塚署は8日、児/童買春・児・童ポルノ禁止法違反(提供、製造)の疑いで埼玉県深谷市人見、会社員永野健治容疑者(34)を逮捕した。容疑を一部否認しているという。 逮捕容疑は2月4日ごろ、小学6年の女児=当時(12)=に自分の裸を撮らせ、わいせつ画像を送信させた疑い。また、携帯電話で児・童ポルノ画像を知人男性に提供した疑いも持たれている。同署によると、永野容疑者は女子中学になりすまし、出会い系アプリで女児と知り合った。女児に女性の裸の画像を送り、発育の悩みを相談する趣旨のメッセージを送信。年齢の近い同性と信じ込ませ、女児に裸の画像を送らせていたという。
◆児・童ポルノ所持の疑い 勤務先の検知ソフトで発覚
子どものわいせつな画像などのいわゆる児・童ポルノをハードディスクに保存して所持していたとして、警視庁は相模原市の34歳の男を児・童ポルノ禁止法違反の疑いで書類送検しました。男が勤めていた会社が児・童ポルノを検知するソフトを導入していたことから、事件が明らかになりました。書類送検されたのは相模原市南区に住む34歳の元会社員の男で、警視庁によりますと、ことし1月、少女のわいせつな動画2点を外付けのハードディスクに保存して所持していたとして、児・童ポルノ禁止法違反の疑いが持たれています。
警視庁によりますと、ハードディスクには児・童ポルノとみられる画像がおよそ3万点保存されていたということで、自宅のパソコンを使いファイル共有ソフトを通じて入手していたとみられています。当時勤務していた外資系の通信会社では児・童ポルノを自動的に検知するソフトを導入していて、男がハードディスクを持ち込んで職場のパソコンで画像を閲覧したことから発覚し、会社が警視庁に通報したということです。
警視庁によりますと、調べに対し男は「性欲を満たすためにやった」と供述し、容疑を認めているということです。
◆被害児・童・生徒は最多 昨年の児・童ポルノ概要
県警は、昨年一年間の児・童ポルノに関係する摘発事件の概要を発表した。被害に遭った児・童・生徒の数は三十七人で、前年に比べ二人増加。統計を取り始めた2000年以降最多となった。LINE(ライン)やツイッターといった会員制交流サイト(SNS)を使ってポルノ画像が拡散している傾向もみられた。被害児・童生徒の半数を占めるのが中学で十九人、次いで高校生が十二人で三割を占め、小学以下は一割の五人だった。児・童買春・ポルノ禁止法違反などの摘発件数は前年比二十一件減の百六十件、摘発人数は同十九人減の百四十二人だった。一三年以降、件数、人数ともに三年連続で減少している。摘発件数の半数はファイル共有ソフトを使って児・童の裸画像をネット上に公然陳列したり、他人に提供したりしていた。SNSを使った事件の割合が高まり、写真共有アプリに投稿する手口で拡散する新手の手法の摘発事例もあった。また、中高生らがスマートフォンなどで自分で下半身の画像などを写し、SNSなどを通じて拡散するケースも多く、県警はこのうち、県内外の十四~十七歳の中高生ら五人を、児・童買春・ポルノ禁止法違反(公然陳列)の疑いで書類送検した。
発育の悩み_01
発育の悩み装い12歳女児のロリマンコ画像ゲットした男逮捕の続きを読む

Home > ロリータ・ロリコン Archive

PR
週間PCアクセス

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
検索フォーム
記事一覧
* * *

最新コメント
Google検索

WWW検索 ブログ内検索

back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る