Home > スポーツ選手 Archive

スポーツ選手 カテゴリー26件

ダルビッシュの義理の姉、女子格闘家・山本美憂セミヌード!

ダルビッシュの義理の姉、女子格闘家・山本美憂セミヌード!
◆山本美憂・42歳の最強ヌードを披露
レスリング世界選手権で1994・95年を連覇し、2016年より総合格闘技へ転向しRIZINに出場している山本美憂(42歳/KRAZY BEE)が、3月14日発売(3月28日・4月4日合併号)の写真週刊誌 FLASHで「最強ヌード」と題された大胆な姿を披露している。一糸まとわぬ姿も収められ、鍛え上げられた成熟の肉体を見ることができる。 FLASH編集部に今回の出演の経緯を取材すると「アスリートとして、総合格闘家として輝く山本美憂さんに、ぜひ、リング外での表情を撮らせていただきたい、とオファーしたところ、山本さんにご快諾いただきました」という。撮影は今年2月に開放感のある沖縄で行われた。 そして5月には初となるヌード写真集が発売決定。今回FLASHに掲載の写真はいわゆるプレゼン的なもの。現在、写真を選定中とのことだが、どのような内容のものになるか期待される。
◆山本美憂「アスリートの決断を見よ!」
レスリング世界チャンピオンから総合格闘家へ……。発売中の本誌では、沖縄の地で解放された成熟の肉体を、袋とじで初公開しています!5月には、衝撃のヌード写真集(光文社刊)が電撃発売決定!
山本 美憂
山本 美憂(やまもと みゆう)は、日本の女子レスリング選手、総合格闘家。神奈川県出身。KRAZY BEE所属。
生誕 1974年8月4日(42歳)
出身 神奈川県
競技 レスリング
種目 女子・フリースタイル
山本美憂_01
ダルビッシュの義理の姉、女子格闘家・山本美憂セミヌード!の続きを読む

女子プロレスラー紫雷イオ 手ブラヌード!

女子プロレスラー紫雷イオ(しらいいお)手ブラヌード!
◆紫雷イオ、大胆ショットに挑戦「私、なんでもやります!」
女子プロレスラーの紫雷イオが6日発売の「週刊プレイボーイ」12号に登場した。姉の美央と紫雷姉妹として活躍し、天才的な身体能力を誇る空中ファイターとして人気・実力ともに折り紙つきの彼女。今回は「少しでも女子プロに興味を持ってもらえるのなら、私、なんでもやります!」という熱い思いを胸に、大胆ショットに挑戦した。
◆女子プロレス界の逸女・紫雷イオの“これ以上できないグラビア"
この3月にデビュー10周年を迎える女子プロレス界の至宝、紫雷イオ(スターダム)がそのメモリアルに過激なお披露目!?
―以前のインタビューでもグラビアをやりたいとは語っていましたが、実現してしまいましたね!
紫雷イオ スゴい話ですよね(笑)。ありがたいです。あの時は半分本気で半分冗談みたいな感じだったんですけど、ホントにご連絡をいただいて…。びっくりしましたけど、やらせていただけるならと!―かなりチャレンジングな内容になっているかと…。
紫雷イオ かなりです(笑)。まず、リングでやるというのが初めてでした。これまでリング上では「プロレスラー」としてしか撮られたことがなかったんですけど、今回は衣装も水着だったり、いろいろ過激なものも…。
―(誌面を見ながら)これはかなりの“エロ"ですよね~!紫雷イオ これはまだ着てるほうですよ(笑)。カメラマンの方にすごく乗せていただいて、ベルトと裸とシューズだけというあられもない姿を見せてしまいました…! ガツンと力強さとエロさを押し出していて、新境地ですね。
◆女子プロ女王・紫雷イオ、決意のグラビア挑戦 女子プロ盛り上げに一肌脱ぐ
女子プロレス団体「スターダム」の王者・紫雷イオ(26)が、『週刊プレイボーイ』のグラビアに登場。大胆なビキニに挑戦し、大きなインパクトとともにグラビア界に電撃参戦を果たした。愛らしいルックスと華麗な空中技で人気を集める紫雷は、東京スポーツ主催の「プロレス大賞」で、2年連続「女子プロレス」大賞を受賞するなど、まさに現在の女子プロレス界をリードする存在。そんな女王が「少しでも女子プロレスに興味を持ってもらえるのなら、私、なんでもやります!」という熱い気持ちで、グラビア参戦を決意した。 メキシコ修行などを経て鍛え上げられた肉体を、グラビアというリングでも惜しげもなく披露。AKB48メンバーが女子プロレスに挑戦するドラマ『豆腐プロレス』が話題になるなど、シーン全体に注目が集まるなか、“エロカワ"女王が文字通り一肌脱いだ。
紫雷イオヌード_01
女子プロレスラー紫雷イオ 手ブラヌード!の続きを読む

続・村主章枝 ヌード

続・村主章枝(すぐりふみえ) ヌード
◆元フィギュアスケート選手の村主章枝さんが初写真集 完脱ぎショットが話題に
「もともと脱ぐっていう企画ではなくて、いろんなものに挑戦して撮ってみよう、という中の一つに脱ぐことがあった」元フィギュアスケート選手の村主章枝が初の写真集「月光」を出版。完脱ぎショットを披露したことで大きな話題を呼んでいる。2月13日の記者会見では、脱いだいきさつについて冒頭のように語り、予想以上の大反響に本人も驚いているという。「撮影は昨年11月から三宅島で行われました。タイトルの『月光』は村主自身がフィギュアで踊った曲のタイトルでもあり、この写真集への彼女の思い入れの強さが感じられます。撮影のために2カ月半かけて身体を作ったといいますが、現役時代と変わらない抜群のスタイルは、もはや芸術です」(週刊誌記者)元五輪選手の完脱ぎショットはインパクト大だが、過去には大胆発言でもいま以上に注目を浴びたことも。2014年に「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に出演した際には、「あまりジェンダー(性別)にはこだわりがない」「何でみんな男女にこだわるかな」「女性にいったほうがいいのかな」と爆弾発言し、視聴者を驚かせている。
◆村主章枝がヌード写真集「いつもレオタードでしたし…」
ソルトレークシティー、トリノと2度五輪に出場した元フィギュアスケート選手で振付師の村主章枝(36)がヌード写真集「月光」(講談社)を発売した。本書は日本フィギュア界で初のヌード。手先の表現の美しさにグラマラスな胸元。フィギュアファンならずとも大満足の内容に仕上がっている。「思い入れのあるスケートの作品『月光』を写真で表現しようということで、最初はそのつもりはなかったんですが、流れでヌードになりました。68年ぶりのスーパームーンの下、『月光』をBGMに10回以上踊り続けて。ヌードに躊躇はありませんでしたね、いつもレオタード一枚でしたし。ただ見せる背中、ウエストをつくるために2カ月半トレーニングしました」一部では金銭苦でヌードになったのではとの噂も流れたが……。
「そうではないんです。でも、選手時代は金銭的には苦しかったですね。スケートもゴルフと同じで、スタッフらチームで試合に挑むので、海外グランプリシリーズは優勝賞金が300万円、2位が200万円、3位が100万円で、2位に入ってやっと諸経費が出るくらい。スケートはウエアに広告は付けられないし、演技時間も短いので、クライアントが集まりにくいんですよ。ちなみに、写真集の売り上げの一部はスケート後進国へ寄付します」将来の夢は「アイスショーのプロデュース」という村主。「実は動画も撮影していまして、もしかしたら今後発売されるかもしれません」とほほ笑む表情が、なんとも艶っぽい。
村主章枝(すぐりふみえ) プロフィール
村主 章枝(すぐりふみえ Fumie Suguri )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)
生年月日 1980年12月31日(36歳)
出生地 千葉県千葉市
身長 157cm
体重 44kg
血液型 AB型
村主章枝ヌード_01
続・村主章枝 ヌードの続きを読む

中井りん亀甲縛りを披露し勝利!!

中井りん亀甲縛りを披露し勝利!!
◆中井りん、衝撃の肉体美で超過激「亀甲縛りビキニ」を披露!
格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND』の前日計量が28日に都内にて行われた。計量は通常ならコアな格闘技ファンくらいしか注目しないのだが、第9試合に出場するパンクラス女子バンタム級王者・中井りん(30)が超セクシー衣装で登場。その模様を収めた動画がわずか一日で16万回以上の再生数を記録するなどネット上で大きな話題となっている。計量に臨んだ中井はムチを手に、亀甲縛りのような紐ビキニにドミノマスクという超過激衣装で登場。「SMの女王様」をイメージしたといい、股間はギリギリ隠れている程度の超極小ビキニ。さらに後ろは完全に紐だけのTバック状態で「お尻丸出し」になっており、会場内をどよめかせた。間近に立っていたラウンドガールからも「すごーい」と歓声が上がり、対戦相手の元55kg級全日本レスリング王者・村田夏南子(23)は思わず苦笑。立会人の高田延彦統括本部長(54)や計量担当者も目のやり場に困っている様子だったが、当の中井は堂々たる振る舞いで計量一発パス。周囲は圧倒されていたが、中井は衣装の意図について「目立つことをして、みんながRIZINに注目するようにしたかった」とケロリと語った。
◆中井りん貫禄1本勝ちも相手「強かった」RIZIN
◇29日◇さいたまスーパーアリーナ
中井りん(30)が、総合格闘技デビュー4連勝中の村田夏南子(23)に1本勝ちし、キャリアの違いを見せつけた。中井は、低い姿勢からのパンチで村田のタックルをけん制。2回には、右のパンチで、村田にひざをつかせた。3回には、村田のタックルを受けながら、コーナーで体勢を入れ替え、後ろに回って裸絞めでギブアップを奪った。村田にいいところを出させず、総合格闘技歴10年、22戦目の実力を見せつけた。試合後は「村田選手は本当に強かったです。もしよかったら、パンクラスへいかかでしょうか」とコメント。リング上で得意の伸身宙返りを2回披露するなど、ご機嫌だった。
◆究極の肉体美! 総合格闘家・中井りん、マッスルグラビアがセクシーすぎると大評判
「総合格闘技界のヴィーナス」と呼ばれる中井りん(30)の色っぽさが絶賛されている。実力はもとより、可愛らしいルックスでも人気を集め、試合前の計量時にはさまざまなコスプレでファンを魅了。11月にも黒のスポーツブラと白のTバックを合わせたセクシーな姿で計量を行い、男性ファンを喜ばせた。そんな中井が「週刊プレイボーイ」のグラビアに登場。これが多くの読者の目に留まったようだ。年末に開催される格闘技イベント『RIZIN』への参戦を記念したグラビアで中井は、格闘技家らしい激しいトレーニング風景を公開。筋骨隆々の上半身裸のバックショットなどで「究極の肉体美」を見せつけた。これだけならセクシーなイメージは薄いが、中には艶っぽい表情の泡風呂ショットやベッドの上で素肌をさらしたカットなど、刺激的な写真も多数掲載。生々しいランジェリー姿も披露し、リングの上とは異なる雰囲気を漂わせている。
中井りん なかいりん プロフィール
生年月日1986年10月22日(30歳)
出身地 愛媛県
所属 修斗道場四国→パンクラスヴィーナス
身長 156cm
体重 61.2kg
階級 バンタム級
中井りん亀甲縛り_01
中井りん亀甲縛りを披露し勝利!!の続きを読む

フィギュアスケート村上佳菜子の谷間モロ見え

フィギュアスケート村上佳菜子の谷間モロ見え
◆佳菜子、フリー進出に安堵「思ったよりも点数出た」/フィギュア
全日本選手権第3日(24日、東和薬品ラクタブドーム)ソチ冬季五輪女子代表の村上佳菜子(中京大)は3回転フリップが1回転になるミスが出るなど、58・52点で12位発進。それでも「思ったよりも点数が出た。(上位24人で争われる)フリーを滑れないと不安だったのでよかった」と安堵の表情を浮かべた。高難度のジャンプを武器に台頭する若手に負けないため、今季はこれまで以上に練習を積んできたという。フリーでは「見ている方の心に残る演技をしたい」と力を込めた。
◆村上、8位にも充実感「スケート人生の全て出せた」
村上佳菜子(中京大)は8位に終わったものの、左足の疲労骨折を抱える中でフリーを大きなミスなくまとめ「スケート人生の全てを出せた。ここまで苦しんできてよかった」と充実感を漂わせた。この1カ月間、痛み止めを飲み、はり治療をしながら練習を続けてきた。大学4年で来春には卒業を控える。ソチ冬季五輪代表の人気スケーターは今後について「コーチや親と相談して決めていきたい」と語った。
◆一気に世代交代? 浅田真央に年内引退の可能性、村上佳菜子も既定路線か
元世界女王・浅田真央がすでに現役引退を視野に入れており、このままだと2018年2月の平昌オリンピック前に、スケート靴を脱ぐことになりそうだという。苦悩する国民的アイドルは、世界選手権への選考会を兼ねる今月下旬の全日本選手権の内容によっては年内、大会後にも意志を表明する可能性がある。さらに、浅田に憧れて滑り続けてきた妹分の村上佳菜子も、平昌オリンピックへの道のりは厳しく、引退することが既定路線だという。女子フィギュアスケート界は世代交代が一気に進む様相だ。
村上 佳菜子 Murakami Kanako プロフィール
生年月日 1994年11月7日(22歳)
出生地 愛知県名古屋市中区
身長 162cm
体重 43kg
フィギュアスケート村上佳菜子谷間_01
フィギュアスケート村上佳菜子の谷間モロ見えの続きを読む

村主章枝 乳首出しヌード!

村主章枝 乳首出しヌード!
元オリンピック選手フィギュア日本代表の村主章枝 乳首出しヌード!2016年最大のスクープ!氷上のアクトレス・村主章枝がその鍛え上げられた肉体のすべてを見せる!冬季オリンピックでのプログラム『月光』を一糸まとわぬ姿で踊った。
◆村主章枝が一糸まとわぬヌードグラビアを公開!
2014年11月に現役を引退し、現在、フィギュアスケートの振付師として活動中の村主章枝が、なんと『週刊現代』12月19日発売号で、「正真正銘のフルヌード」と題したグラビアを掲載している。日本人初となるISUグランプリファイナル優勝、四大陸フィギュアスケート選手権3度の優勝などの輝かしい戦績を誇り、フィギュアスケートの歴史にその名を刻んだ村主。撮影のために2カ月半かけて身体をつくったというだけあって、現役時と微塵も違わぬ抜群のスタイルで大胆にバストトップを披露している。三宅島の広大な自然をバックにしたヌードや、「素の村主章枝」をとらえたホテルで撮影されたショットが収められた写真集『月光』が、2月15日に発売される予定で、週刊現代ではそのなかからシースルードレスに身を包み、02年・ソルトレイクシティ五輪で使用したピアノソナタ『月光』を踊るカットなどが9ページにわたって収められている。『月光』は村主にとって特別な一曲。2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ。幼少期を米国・アラスカで過ごした村主も深い悲しみを覚えたが、世界を覆った暗闇の中に、人々を導く一筋の光のような演技が出来たら――そんな思いを込めて、ソルトレイク五輪で披露したのがこの曲だった。
2014年に行われた東日本フィギュアスケート選手権大会。現役最後となったこの大会でも、村主は『月光』を使用し、選手生活に終止符を打っている。その『月光』を写真で表現する、という企画が立ち上がったのが、今年9月。撮影の地として選んだのは、「月の道」が出現することで知られる離島・三宅島だ。数十年に一度、もっとも大きく月が輝くスーパームーンの夜、銀色に輝く月光に照らされた村主の幻想的な姿を、シンガポール出身の写真家、アンディ・チャオが撮影した。
◆元フィギュア村主がヌードになったワケ 極貧生活をTV告白
元フィギュアスケート選手の村主章枝が、『あの天才のその後…今を追跡してみました』でバイセクシャルであることを告白。そして現在、地方のホテルを転々としながら極貧生活を送っており、ヌードグラビアまで撮影していることが明らかとなる。世間を賑わせた、誰もが知る“アノ天才の今”を徹底追跡する同番組。大いに話題となった後の知られざる人生を振り返り、気になる今の活躍に迫る。今回、村主のほか、ゴーストライター騒動の“新垣隆”の現在を調査。1年前から姿を消した新垣だったが、今はアイドルと(秘)関係になっていた……。プロデューサーの三宅優樹は、「僕がこの番組を制作していて、まず感じたことは“天才は変わっている”ということ。我々一般人には到底考えつかない生き方や発想で人生を生きている天才の皆さん。彼らの知られざる苦悩や決断など、その半生をお楽しみください」とコメントを寄せている。
◆村主章枝写真集『月光』
02年のソルトレイクシティ、'06年のトリノと2大会のオリンピックに出場した、日本を代表するフィギュアスケーター・村主章枝。彼女がすべてをさらけ出した衝撃の「初フルヌード写真集」を発表!舞台の地は、火山の離島、三宅島。広大な自然の中ですべてを脱ぎ去り、彼女の代表的なプログラム曲、ベートーヴェンの『月光』をテーマに撮影された。見どころは、スーパームーンの日に、まさに「月光」のもとで撮影された、美しいフルヌード。鍛え上げられたしなやかな肉体を、ダイナミックかつ、幻想的に写し出している。また、アスリートではない、「素顔の村主章枝」の官能的な姿もカメラはとらえている。
村主 章枝 Suguri Fumie すぐり ふみえ プロフィール
村主章枝公式ブログ http://ameblo.jp/fumie-suguri/
村主章枝公式ツイッター https://twitter.com/fumiesuguri
村主 章枝(すぐり ふみえ)は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。
生年月日: 1980年12月31日(35歳)
出生地 千葉県千葉市
身長 157 cm
体重 44 kg
村主章枝乳首_01
村主章枝 乳首出しヌード!の続きを読む

クイーンズ駅伝でハミケツ

クイーンズ駅伝でハミケツ
◆日本郵政G初V デンソー4連覇阻む
「クイーンズ駅伝in宮城 第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は27日、宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場までの6区間42.195キロで行われ、創部3年目の日本郵政グループが出場2回目で初優勝を飾った。27日に宮城県の松島町文化観光交流館前から仙台市陸上競技場に至る6区間42.195キロのコースで行われた第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)は、5区でトップに立った日本郵政グループがそのまま逃げ切り、2時間15分8秒で制した。
◆日本郵政、創部3年目で栄冠 2新人光る
「クイーンズ駅伝in宮城 第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は27日行われ、日本郵政グループが初優勝した。チーム関係者でさえ、一人も想像していなかった。アンカーの寺内がトップで陸上競技場に戻ってくると日本郵政グループの高橋監督は「本当に優勝するのか」と目を丸くした。創部3年目の栄冠に選手たちは顔を見合わせ「夢のようです」と口をそろえた。
◆思わぬ落とし穴で失格 豊田自動織機
「クイーンズ駅伝in宮城 第36回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は27日、8年ぶりの優勝を狙った豊田自動織機が思わぬ落とし穴にはまった。1区の福田が3位で猛然と中継所に飛び込んだが2区の島田が待機しておらず、数秒遅れて慌てて駆け寄った。何とかたすきを受け取ったが、たすき渡しを行う20メートルの区間を50センチオーバーしていたため、失格となった。長谷川監督は「福田もラストスパートで頑張っていたので止まりきれなかった。一生懸命やった結果」とかばいつつ、「速さばかり求めて、油断があったかな」と振り返った。
クイーンズ駅伝ハミケツ_10
クイーンズ駅伝でハミケツの続きを読む

中井りん、ふんどしTバック

中井りん、ふんどしTバック
◆中井りん、セクシーな白のTバック姿で計量をクリア
11月13日(日)東京・ディファ有明にて開催される『PANCRASE 282』の前日計量が、12日(土)都内にて行われた。計量時のコスプレが毎回恒例となっているパンクラス・バンタム級クイーン・中井りん(パンクラス ヴィーナス)だが、この日はジャージ姿で登場。選手、関係者らが注目する中、計量時には黒のスポーツブラ、白のTバックを履いたセクシーな姿で計量を行い56.7kgでパス。当初、中井はセミファイナルで修斗女子ブラジル王者プリシラ・デ・ソウザ(ブラジル)との対戦が決まっていたが、急遽対戦相手が変更となり、オーストラリアのMMA大会『XFC』のフライ級王者シャーリーン・ワット(ニュージーランド)となった。計量を終えた中井は「試合を受けてくれてありがとうございます。相手は強そうですが、明日はテレビを見ている方にもパンクラスの良さが伝わる試合をします」と抱負を語る。 対するワットは「日本で有名な中井と戦えて嬉しい。東京での試合を楽します。ニュージ―ランドの家族や全ての人たちに、私のベストファイトを見せます」と好勝負を予告した。
◆中井りんの年末参戦が決定、相手は村田夏南子
パンクラス・バンタム級クイーン・中井りん(パンクラス ヴィーナス)が、年末に開催される『RIZIN』に電撃参戦することが決まった。11月13日(日)東京・ディファ有明にて開催された『PANCRASE 282』のセミファイナルで、中井はXFCフライ級王者シャーリーン・ワット(ニュージーランド)に2R3分43秒、TKO勝ち。その直後、酒井正和パンクラス代表がマイクを持ってケージ(金網で囲まれたリング)に入り、中井にインタビュー。「今日はまだ出来なかったこともありますが、決着がつけられてよかったです」と中井は試合を振り返った。すると酒井代表は「次、早く試合がしたいよね? RIZINの村田夏南子選手が中井りんを(年末の対戦相手に)指名してきていますが、今日はRIZINの高田さんが来ています」と、高田延彦RIZIN統括本部長をケージに呼び込んだ。高田統括本部長はマイクを持つと「中井りん、大みそかRIZIN、パンクラスの代表として村田と大喧嘩やれんのか?」と問いかける。中井は「やりましょう」と即答。高田統括本部長はその場で、中井りんvs村田夏南子の対戦決定を宣言した。そして、「中井vs村田は、他にもある女子のカードと比べてもそん色ない、非常に力を感じるスペシャルカード。だから最高のパフォーマンスを見せて、大みそかに中井と村田の最高の喧嘩を見せてもらいたい」と中井に檄を飛ばした。
中井りん なかいりん プロフィール
本名 中井りん
生年月日1986年10月22日(30歳)
出身地 愛媛県
所属 修斗道場四国→パンクラスヴィーナス
身長 156cm
体重 61.2kg
階級 バンタム級
中井りんふんどし_01
中井りん、ふんどしTバックの続きを読む

木村沙織 ビーチバレーへ転向?

木村沙織(きむらさおり) ビーチバレーへ転向? これは全力応援案件ですね
◆木村沙織が現役引退を表明!
10月10日、バレーの木村沙織が自身のブログで引退を表明した。「ご報告。」と題されたエントリーによると、今年50周年を迎えるVリーグを最後の場所にしたいと明かし、バレーボール人生を背番号「2」で締めくくると綴っている。「木村はリオ五輪をバレーボール人生の集大成にしたいと語って大会に臨んだこともあって、大会後の進路が注目されていました。引退やビーチ転向も囁かれましたが、東レ・アローズと契約を延長したので、一安心かと思いましたが、今シーズン限りでの引退とは‥‥。残念ですが、彼女のラストを見守りたいものです」(スポーツライター) 木村が引退となれば、彼女の代名詞でもある「バストアタック」も見納め。まりのようなFカップがコートで上下に激しく躍動するのもあとわずかだ。「2003年、アジア選手権で17歳にして日本代表デビューを果たし、現在30歳。男性ファンを魅了し続けてきたFカップも完熟の域に達した感があります。これを見逃すのはもったいない。ぜひVリーグを観戦してほしいですね」(前出・スポーツライター)Vリーグは10月29日開幕。サオリンのラストを見逃すな!
◆バレー木村沙織が現役引退意向 今季Vリーグ最後に
女子バレーボール日本代表のエースでリオデジャネイロ五輪に出場した木村沙織(30=東レ)が10日夜、自らのブログで今季のVリーグを最後に現役引退する意向を明かした。ご報告。とのタイトルを付け、「今年で50周年を迎えるVリーグ。ここを自分のバレーボール人生最後の場所にしたいと思っています」と記した。そして自らの小学時代の写真をアップし「24番から始まった私のバレーボール人生は最後、2番で締めくくりますっ」ともつづった。今季のVリーグは10月29日に開幕。木村の所属する東レは30日にPFUと初戦を戦う。
木村沙織 Saori Kimura きむらさおり
生年月日1986年8月19日(30歳)
出身地埼玉県八潮市
身長 185cm
体重 68kg
血液型 O型
木村沙織ビーチバレー_01
木村沙織 ビーチバレーへ転向?の続きを読む

楽天チアリーダー上田亜樹 マンコシミ画像

楽天チアリーダー上田亜樹 マンコシミ画像みつかる
◆楽天の「レジェンド」上田亜樹さん 球団創設からフル出場中「どんな時も笑顔」(2015年の記事)
男子スキー・ジャンプの葛西紀明を筆頭に、スポーツ界には長年にわたって第一線で活躍している「レジェンド」がいる。実は楽天にもレジェンドがいるのだ。球団の公式チアリーディングチーム「東北ゴールデンエンジェルス」のリーダー、上田亜樹さんだ。球団創設の05年から在籍して今年で11年目。プロ野球には現在、広島を除き11球団にチアリーディングチームがあるが、その中のチアでは最長だ。在籍年数もさることながら、何よりもすごいのが「フル出場」だ。東北ゴールデンエンジェルスは本拠地・コボスタ宮城で試合がある日は、試合前やイニング間にダンスで球場を盛り上げる。上田さんは11年間、一度も休んだことがない。本拠地では年間約70試合。これに加え、交流戦などビジターの試合にも応援に駆けつけることがある。単純計算でも800試合以上、連続出場を続けている「レジェンド」なのだ。仙台市出身の上田さんは04年11月、新規参入が決まった楽天がチアリーダーを公募しているのを知り「もともとモダンバレエをしていたので、踊る仕事に就きたかったし、チアは憧れでした」と応募。68人の応募者の中から上田さんを含む29人が初代メンバーとして選ばれて活動を始めた。野球場はネット裏から外野まで360度に客席があり、至る所から視線が集まる。「笑顔で踊ることで、こんなにも気持ちが伝わるのか」と観客と一体になれる喜びを感じた。11年の東日本大震災後は、復興支援活動にも積極的に取り組んでいる。被災地を回り「コボスタ宮城に来られなくても、こんなにも応援してくれているんだ」と東北の人たちの温かさに気付かされたという。震災から50日目の4月29日、本拠地で開幕を迎えた際は「いろんな人たちの笑顔を見て、東北を元気にしたい」という気持ちがより一層強くなった。楽天が初の日本一となった13年からはリーダーに抜擢され、チームをまとめている。モットーは「どんな時でも笑顔」。球団創設、震災、日本一からの最下位転落…。楽天の歴史のそばには、いつも彼女の笑顔がある。「また、日本一になれるよう後押しできるチアになりたい」とニッコリ笑った上田さん。選手たちの熱いプレーはもちろんだが、レジェンドの笑顔と圧倒的なパフォーマンスを見に、ぜひ一度、コボスタ宮城に足を運んで欲しい。
◆上田亜樹 うえだあき プロフィール
東北ゴールデンエンジェルス 歴12年目、初代メンバー&リーダー
年齢 不詳!
誕生日 12月1日
出身地 宮城県仙台市
血液型 B型
趣味 ダンス、水泳、美味しいスイーツ探し
好きな食べ物 スイーツ
美・健康のために気を付けていること、腹筋をすること、半身浴
楽天イーグルスファンの皆様へ
私の原動力はいつも温かい大好きなファンの皆さんの笑顔!それは12年間変わりません。今年こそは再び日本一へ!あの夢と感動をまた一緒に掴み取りましょう!
上田亜樹マンコ_01
楽天チアリーダー上田亜樹 マンコシミ画像の続きを読む

村主章枝 セミヌード!!

村主章枝(すぐり・ふみえ)セミヌード
村主章枝(すぐり・ふみえ)大反響アンコール!氷上のアクトレスが魅せた最高の美裸身を再び!
※ちなみに村主章枝さん、なぜか知りませんが某掲示板でむちゃくちゃ叩かれてます。
以前の村主章枝(すぐり・ふみえ)セミヌード記事はこちらから⇒村主章枝ヌード!!-みんなのエロ画像
◆女性と肉体関係OKのレズビアン村主章枝
元フィギュアスケート選手の村主章枝(35)が、フジテレビ系バラエティ番組『アウト×デラックススペシャル』でお見合い企画に臨み、レズビアンのDJ・JURIと見事に結ばれた。村主は、彼氏いない歴15年以上となり、男性と縁がなさすぎて、恋愛対象が女性なのかもしれないと悩み始めてしまったと告白していたことから、この日の放送でお見合い企画を行った。番組が用意した相手は、イケメン、おなべ、レズビアンの3人。イケメンとして登場したのは、女子プロレスラー・長与千種のマネージャーだったが、村主は「好きな食べ物はなんですか?」と、どうでもいい質問をしてしまうなど、男性には興味が無い様子で、むしろ長与や、付き添いできた若手女子レスラーに関心を持ちだしてしまった。そして、レズビアンとして登場したのは、タレント・ミラクルひかるが紹介するJURI(39)。DJとして世界各国のイベントに参加し、新宿2丁目でバーを経営していることから、マツコ・デラックスとも旧知の仲だ。村主が挙げる"連絡をマメにくれる人"という条件もクリアし、JURIが村主を「めちゃくちゃステキだと思います」と絶賛すると、ニヤつく表情を抑えることができなかった。こうして収録の2日後、村主は番組にメールを送信。収録翌日にJURIと会ったことを、2ショットの写真とともに報告してきた。この企画の前、友人の元スピードスケート選手・大菅小百合から「(女性と)肉体関係まで持っていけると思う?」と聞かれた村主は「うん、たぶん大丈夫だと思う」と即答しており、今後の2人の関係がどう進展していくのか、注目だ。
村主章枝(すぐり・ふみえ) プロフィール
村主章枝公式インスタ https://www.instagram.com/fumie.suguri/
生年月日:1980年12月31日(35歳)
出生地:千葉県千葉市
身長: 157 cm
フィギュアスケート
ソルトレイクシティオリンピック5位
トリノオリンピック4位
全日本選手権優勝5回
村主章枝ヌード_01
村主章枝 セミヌード!!の続きを読む

卓球の福原愛ちゃんのおっぱいがでかいと話題

卓球の福原愛ちゃんのおっぱいがでかいと話題
◆福原愛選手、台湾でも結婚報告会見
台湾の台北(Taipei)で22日、卓球女子日本代表の福原愛(Ai Fukuhara)選手(27)と卓球男子台湾代表の江宏傑(Chiang Hung-Chieh)選手(27)が結婚報告の記者会見を行った。
◆福原愛、東京五輪へ競技続行 江と結婚会見「頑張っていく」
球女子日本代表の福原愛(27)=ANA=が21日、都内で会見を開き、台湾の卓球リオ五輪代表・江宏傑(ジャン・ホンジエ=27)との結婚を正式に発表した。あでやかな花柄の振袖姿で登場し、「9月1日に江宏傑さんと入籍させていただいたことを報告させていただきます」とあいさつした。「皆さんに支えられて今日がある。感謝の気持ちでいっぱいです」と日本国民に感謝の気持ちを表現すると、お相手の江を呼び入れた。スーツ姿の江は「こんにちは。はじめまして。ジャンです。今日はよろしくお願いします」と日本語であいさつし、2人そろって頭を下げた。福原は東京五輪へ向けて競技生活を続けていく意向を示した。「リオ五輪が終わって昨日で帰国してから1カ月になったんですけど、その中で彼とは話しまして、彼はどんな選択をしても応援してくれると言ってくれたので」と江のサポートがあることを明かした。 福原は報道を受ける形で今年の4月6日、自身のブログで「台湾人の卓球選手 江宏傑さんとは良いお付き合いをさせていただいております」と交際を公表。リオ五輪の開会式などでは、2ショットになる場面も目撃されていた。
◆福原愛 台湾メディアが伝える夫の献身ぶり
リオデジャネイロ五輪卓球女子団体銅メダリストの福原愛(27=ANA)が21日、台湾のリオ五輪卓球代表・江宏傑(27)と結婚報告会見を都内のホテルで開いた。新婚生活をスタートさせる一方で、福原は4年後の東京五輪を目指す意向を表明。妻と選手の両立という難題をこなす福原にとって、江は最良のパートナーだという声が台湾メディアから上がったが、その理由とは――。美男美女の国際アスリートカップルは終始見つめ合い、幸せオーラ全開。お茶の間のアイドルだった「泣き虫愛ちゃん」が、きれいなお嫁さんになって人生最良の日を迎えた。華やかな振り袖姿で登場した福原は、入籍を報告した上で「小さいころから日本の方に応援、支えていただき、今日という日を迎えることができました。感謝しています」とあいさつ。続けて最愛の人を壇上に招き、2人揃って会見に臨んだ。会見には日本、台湾、中国からテレビカメラ17台、115人もの報道陣が駆けつけ、注目度の高さがうかがえた。福原の薬指には結婚指輪がキラリ。江は「私が愛ちゃんのためにデザインしたオリジナルです。世界で一つしかない、愛の象徴です」と、妻への愛情の深さを口にした。江の献身的な励ましが卓球界のアイドルの心をつかんだ。「私がケガをして落ち込んでいる時に連絡をもらった。どんなささいなことも相談に乗ってくれたり、いろんな言葉をかけて支えてくれた」(福原)。リオ五輪期間中も毎日連絡を取り合い、互いを支えたという。
福原愛(ふくはら あい) プロフィール
生年月日 1988年11月1日(27歳)
出身 宮城県仙台市
最高世界ランク 4位
血液型 B型
学歴 青森山田中学高等学校卒、早稲田大学スポーツ科学部中退
福原愛おっぱい_30
卓球の福原愛ちゃんのおっぱいがでかいと話題の続きを読む

パラリンピック 義足選手 中西麻耶セミヌードまとめ

パラリンピック 義足選手 中西麻耶セミヌードまとめ
◆走り幅跳び・中西、メダルに届かず
陸上女子走り幅跳び(切断など)で、3大会連続出場の中西麻耶は初のメダルにあと15センチ届かなかった。今季世界ランク3位の記録を持ち、1回目の試技で6メートル近い距離を跳んだが、わずかにファウル。この日はスタンドで見守る男子走り幅跳びの山本篤から助言を受け、試技ごとに課題の踏み切りを調整した。それでも、5メートル42が精いっぱいだった。中西は「支えてくれた人たちに悔しい思いをさせた。次の4年間を頑張りたい」と話した。
◆自己否定克服し4位 幅跳び中西「自分認められた」
陸上の女子走り幅跳び(切断などT44)で金メダルも期待された義足のジャンパー、中西麻耶(うちのう整形外科)。9日の競技で5メートル42の4位に終わったが、引退した身からの復活に「またこの舞台に立てるとは思わなかった」と穏やかな笑みを浮かべた。
競技活動資金に困り、ロンドン・パラリンピックを前にした2012年、セミヌードカレンダーを発売した。義足姿の写真が話題となるものの、激しいバッシングも受ける。その影響もあって心の病になったことを中西は公表している。その状態で臨んだロンドンでは4メートル79で最下位の8位。引退した。「芋虫みたいになって外出せず、人にも会えず、食べ物も吐いて、生きることを拒否した」。自己否定の固まりだった。だが、ロンドン前まで活動拠点にしていた米国サンディエゴの五輪トレーニングセンターから誘いを受けて渡米した際、陸上仲間から言われた。「陸上が好きだから悩むのに、なんで陸上を手放すの? 自分は陸上が好きだと認めてあげて」「この言葉がすごく心にしみた」と復帰を決意。13年から再び大会に出始めると記録を毎年伸ばした。今年5月にはアジア新記録の5メートル51。当時の世界記録まであと23センチに迫る。
優勝候補の一角として臨んだリオ。1本目ファウルの後、記録を残すためにスタート地点を少し下げた2本目が5メートル38。この時点で3位につけたが、問題は3本目だ。3カ月前に助走1歩目の踏み出しを、それまでの義足の右足側から健足の左足側に、歩数も19歩から18歩に変えていた。だが3本目は「ふとした時に前のリズムが降りてきちゃうことがあって」無意識のうちに右足で踏み出してしまった。踏み切り板を大きく踏み越すファウル。今春まで師事していた、地元・大分で中高生を教えるコーチが学校の仕事が忙しくなって離れ、コーチ不在で臨んでいたため、その「致命的なミス」に気づく人がいなかった。助走が崩れ4、5本目も記録を伸ばせない。だが最後の跳躍。リオ前に再び訪れた米国で「自分の走りさえ信じてやればいい」との米国人コーチの言葉を思い出した。スタート位置を戻して「自分の感覚を信じて」跳んだら、自己記録にあと9センチ。銅メダルまで15センチ足りなかったが、中西は「自分には修正能力があると、自分自身を認めてあげることができた。次の4年間が楽しくなりそうです」。4年前の姿はどこにもない。自己否定から自己肯定へ。南米の地は、中西というアスリートにとって新たなターニングポイントになったようだ。目指すは健常者にひけをとらない6メートルジャンプ。必ず東京の大観衆の前で跳んでみせる。(摂待卓)
◆中西 麻耶(なかにし まや) プロフィール
中西 麻耶(なかにし まや)は、義足(右脚下腿切断)の陸上競技選手。北京パラリンピック日本代表、ロンドンパラリンピック日本代表。リオデジャネイロパラリンピック日本代表。陸上競技障害クラスT44。日本記録・アジア記録保持者。
生年月日: 1985年6月3日 (31歳)
生まれ: 大阪府 福島区
身長: 158 cm
パラリンピック義足中西麻耶ヌード_01
パラリンピック 義足選手 中西麻耶セミヌードまとめの続きを読む

レスリング銀メダル樋口黎 ホモビデオ疑惑

レスリング銀メダル樋口黎 (ひぐち れい)ホモビデオ疑惑
◆リオ五輪レスリング男子 樋口黎が2015年世界王者に敗れ銀メダル
◇リオデジャネイロ五輪レスリング(2016年8月19日 カリオカアリーナ2)
フリースタイル男子の2階級が行われ、57キロ級の樋口黎(20=日体大)は決勝で2015年世界選手権王者のウラジーミル・キンチェガシビリ(25=ジョージア)に3―4の判定で敗れたものの、初めての五輪出場で銀メダルを獲得した。日本男子はグレコローマンスタイル59キロ級の太田忍(22=ALSOK)の銀メダルに続く2個目のメダルとなった。日本伝統の軽量級を担う20歳のホープ。6月の欧州遠征は二つの国際大会で優勝し「金メダルを」と意気込んで臨んだ初の大舞台で樋口が躍動した。初戦は2014年世界選手権王者で前回ロンドン五輪55キロ級銅メダリストのヤン・ギョンイル(北朝鮮)に先制を許しながら12―2、2回戦ではラチナウ(ベラルーシ)を圧倒して10―0と2戦連続でテクニカルフォール勝ち。 3回戦ではヨウリス・ボネロドリゲス(キューバ)を8―4で退け、勝てば銀メダル以上の獲得が確定する準決勝では13年世界選手権55キロ級覇者のハッサン・ラヒミ(イラン)に10―5の判定で下ち。「僕の片足タックルが通用し、世界のトップだと証明できた」と自信を口にし、臨んだ決勝。昨年の世界選手権チャンピオン相手に第1ピリオドを1-0でリード。第2ピリオドも片足タックルでリードを広げたが、終盤に編激され3―3に。相手に手をつかまれたまま攻められずに試合終了を迎えた。日本側は、指をつかんでいたとしてチャレンジをしたものの、認められず敗れた。
◆レスリング男子も新世代が躍動! 57kg級の樋口黎が銀メダル「1番でなければ意味がない」
初の五輪で銀メダルは快挙だったが、本人にとっては悔しいものだったかもしれない。日本時間20日、リオ五輪のレスリング男子57kg級の決勝が行われ、樋口黎が銀メダルを獲得した。
若干20歳で今回が初の五輪となる樋口。大会序盤から攻めたレスリングをみせ、実績のある選手たちを破りながら決勝まで駒を進めた。 決勝の相手は、ロンドン五輪で銀メダルを獲得しているジョージアのウラジーミル・キンチェガシビリ。堅い守りをもつ相手に、樋口は序盤から攻め続け、第1ピリオドで1点、さらに第2ピリオドでタックルを決め2点を追加し、3-0とリードする。しかし相手も黙っておらず、終盤に2点を返すと、続けざまに点を追加。3-4と逆転され、樋口の敗戦が決定した。 実は試合終盤、日本は審判に向けたビデオ判定の要求、いわゆる「チャレンジ」をしていた。相手が樋口の指をつかんでいるにも関わらず注意がされていない、といったことをアピールしたかったようで、樋口も試合終了直後は「なぜ注意しないんだ」といったようなジェスチャーをしていた。しかしこのチャレンジが認められず、樋口は判定負けを喫した。
樋口黎 (ひぐち れい) プロフィール
樋口 黎は、日本のレスリング選手。日本体育大学に所属。
生誕 1996年1月28日(20歳)
出身 大阪府
身長 162 cm (5 ft 4 in)
競技 レスリング
種目 男子フリースタイル57kg級
大学チーム 日本体育大学
樋口黎ホモ_01


レスリング銀メダル樋口黎 ホモビデオ疑惑の続きを読む

バトミントン金メダリスト松友美佐紀 おっぱい

バトミントン金メダリスト松友美佐紀 おっぱい
◆高橋・松友組「金」 バドミントン日本勢初
リオデジャネイロ五輪のバドミントンは18日、女子ダブルスの決勝を行い、世界ランキング1位の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が同6位のカミラ・リターユヒル、クリスティナ・ペデルセン組(デンマーク)に18-21、21-9、21-19で競り勝ち、日本勢初の金メダルを獲得した。高橋、松友組はデンマークのペアの堅守を攻めあぐね第1ゲームを落とした。第2ゲームは日本のペアがリズムをつかんで序盤からリードして奪った。最終ゲームは接戦の末、終盤に逆転で取った。
◆金メダルのバドミントン松友が持つ勝敗「超越した優しさ」にすごみ
大会も終盤を迎えたリオデジャネイロ五輪。日本選手を中心に取材を進めているなかで、さまざまな意味を含んだ涙を見てきた。金メダルにわき出た歓喜、金メダルが近そうで遠かった現実にむせび泣く悔恨、メダルは胸になくとも力を出し切った充実感。4年間、選手によってはもっと長く人生そのものの凝縮された瞬間が訪れる場面を目の当たりにする。さまざまな感情を揺り動かされる貴重な空間-。18日、バドミントンの女子ダブルス決勝で日本選手史上初の金メダルを手にした「タカマツ」ペアの松友美佐紀(24)が流した涙は、それまで見た涙とは大きく違う意味を含み、この金メダリストのすごみを際立たせるものだった。「試合をしていく上で、五輪で最後と決めている選手もたくさんいて、それがつらくて。いろいろな選手がいて、いまの自分がいる。もう戦えないと思うとつらかったです…」そう言葉を紡いで、涙がこぼれた。感謝であり、喪失感であり、そしてそのペアの最後を見つめながら、頂点に立った自分たちの使命感であり。対戦競技の勝敗をどこか越えたところからきた発言に、聞いていたこちらも鳥肌が立った。「超越した優しさ」、松友には今大会初めての異質な性質をかぎとった。五輪では他競技を、その競技数ほどは多くない記者でカバーするため、専門競技以外の現場に赴くこともしばしば。バドミントンを取材するまで担当していた柔道では、相手のことを痛み入る選手など皆無だった。やるかやられるか。格闘技ゆえの、というよりは対戦競技ではそれが当然だろう。ましてや、五輪なのだ。「優しすぎるゆえに勝てない」。柔道会場では、そんな評も聞き取れた。非情に、わがままに。競技の中だけは常識とは違う「非常識」が推奨されるのも、うなずける。だからこそ、「もう戦えないと思うとつらい…」という松友の発言は際立った。
普段からバドミントンを取材しているわけではない。だから、松友の出自や性格などは多くは知らない。それでも、この言葉1つで、金メダルを取る選手のすごみを知ることもできる。戦うことで自分を成長させてくれた相手の最後という事実が、自分たちの歓喜より先に立つ。なんという慈悲だろう。それは超越している優しさであり、それを抱えたままの戦い方もあるのだと分からせてくれた。「優しいだけじゃ勝てない」。そんなスポーツ界の雄弁にくさびを打つ金メダリストの誕生。それは日本のスポーツ界にとっては、金メダリスト以上の価値があると言ったら言い過ぎだろうか。そう思わせてくれるくらい、スポーツを取材する側としても貴重な言葉をもらった。感謝したい。
松友美佐紀 まつとも みさき プロフィ-ル
松友 美佐紀(まつとも みさき)は、日本のバドミントン選手。バドミントン日本代表ナショナルAチームに選出されている。
生年月日 1992年2月8日(24歳)
出身地 徳島県板野郡藍住町
身長 159.5cm
利き腕 右
種目
女子シングルス(WS)
女子ダブルス(WD)
混合ダブルス(XD)
松友美佐紀おっぱい_01
バトミントン金メダリスト松友美佐紀 おっぱいの続きを読む

女子レスリング土性沙羅 乳首ポッチ

女子レスリング土性沙羅(どしょうさら) 乳首ポッチ
◆レスリング土性沙羅が金メダル 女子69キロ級
リオデジャネイロ五輪は17日(日本時間18日)、レスリング女子69キロ級で土性(どしょう)沙羅(さら)(21)=至学館大=が金メダルを獲得した。レスリング女子フリースタイル69キロ級で土性沙羅(21=至学館大)が決勝でナタリア・ボロベワ(ロシア)を破り初出場の五輪で金メダルを獲得した。69キロ級の前に行われた48キロ級では登坂絵莉(22=東新住建)が、58キロ級では伊調馨(32=ALSOC)が金メダルを獲得しており、日本勢はこの日行われた3階級すべてを制した。 1回戦で13年世界選手権女王スタドニク(ウクライナ)を11―2と破り、2回戦は12―0のテクニカルフォール勝ち。3回戦は7―2、準決勝も12年世界選手権覇者のフランソン(スウェーデン)に7―2と、いずれも逆転勝ちした。低い姿勢から相手をよく観察しての片足タックルが光った。決勝も先にポイントを許す展開となったが、終盤に2ポイントの技が決まって同点に追いついた。そのまま終了となったが、より高いポイントを奪った土性が優勢勝ちとなり逆転で試合をものにした。
父・則之さん(48)が高校時代に吉田沙保里の父・栄勝さんに指導を受けた縁で、栄勝さんが運営する「一志ジュニアレスリング教室」で競技を始めた。栄勝さんから叩き込まれたタックルを武器に、世界選手権は初出場の13年から3年連続で表彰台。14年3月、栄勝さんが急逝した際は吉田と移動中の車内で一緒だった。「厳しいけど凄く優しい先生だった。今の自分があるのは吉田先生のおかげ」。感謝の思いを胸に、大舞台で戦った。 昨年の世界選手権では初優勝に届かず3位に終わり、「金メダルを取りに来たので悔しい。五輪では絶対に優勝できるように頑張りたい」と誓っていたホープ。その言葉通り、初めての五輪の舞台で金メダルを手にした。
◆土性沙羅が金メダル  伊調、登坂にならって「最後の最後まで諦めず」【リオオリンピック】
リオデジャネイロ・オリンピックが13日目を迎えた8月17日、レスリング女子69キロ級の決勝で、初出場の土性沙羅(どしょう・さら)がナタリア・ボロベア(ロシア)に勝ち、金メダルを獲得した。
この日、日本選手は48キロ級で登坂絵莉(とうさか・えり)が優勝。58キロ級では伊調馨が優勝し、怒濤の金メダルラッシュとなった。NHKニュースによると、土性は三重県出身の21歳で、初めてのオリンピック代表。吉田沙保里選手を生んだ道場で磨いた強烈なタックルが最大の持ち味。世界選手権では2013年以降3大会連続でメダルを獲得していた。試合後のコメントは以下の通り。
―本当にうれしいというのが率直な気持ちで。たくさんの方に応援されて支えられたので、そのお陰で獲れた金メダルだと思います。本当にうれしくて、涙が少し出ました。金メダルを取ったら(栄和人)監督を肩車しようと決めていたので、監督を肩車できて本当にうれしいです。全然重くなかったです。(残り30秒で逆転したことについて)前に試合していた(伊調)馨さんや(登坂)絵莉さんが、最後の最後まで諦めずにやっていたのを見ていたので、最後まで諦めずにやろうと思いました
土性 沙羅(どしょうさら)は、女子レスリング選手である。
生年月日 1994年10月17日
現年齢 21歳
出身 三重県松阪市高町
身長159cm
至学館大学に在学中。
土性沙羅乳首_01
女子レスリング土性沙羅 乳首ポッチの続きを読む

オリンピック男子棒高跳び荻田大樹チンコが引っかかり敗退

オリンピック男子棒高跳び荻田大樹チンコが引っかかり敗退
◆棒高跳び・荻田大樹の「チンコハプニング」 世界中で話題に
【五輪陸上】棒高跳び・荻田大樹の失敗の瞬間をとらえた「ハプニング」映像 欧米などで視聴回数888万回以上 低俗内容に批判もリオデジャネイロ五輪の陸上男子棒高跳びで決勝進出を逃した荻田大樹(ミズノ)について、失敗の瞬間を映した映像が、欧米のインターネット上で視聴回数が888万回を超える事態になっている。
米紙ニューヨーク・ポストなどによると、問題の映像は、14日に行われた男子棒高跳び予選で、荻田が5メートル30センチに挑んだ際のもの。横から撮影したスローモーション映像で、ヒザが当たってしなるバーに荻田の陰部が当たる様子が確認できるというのだ。
ニューヨーク・ポスト紙のほか、複数の英大衆紙、オーストラリアの大手ニュースグループ、中国の大手ポータルサイトなどが、「ハプニング映像」として次々にウェブサイト上にアップ。瞬く間に人気映像になった。
「古い仲間」「ズボンの友だち」が荻田の五輪の夢を終わらせたと揶揄する英紙は、「五輪で失敗したが、世界的な名声を得た」と悪のり。ニューヨーク・ポスト紙は「ジュリアス・シーザーの死が究極の裏切りの物語ならば、これはそれに限りなく近い」とちゃかしている。もっとも、極めて低俗な内容に、英紙ミラーの掲示板には「載せた記者は何歳なんだ? きっと5歳に違いない」「この記事の削除に同意する」などと、不快感を示すコメントが寄せられている。
◆男子棒高跳び・荻田大樹に400人が声援 観音寺でパブリックビューイング
14日(現地時間13日)に行われたリオデジャネイロ五輪陸上男子棒高跳びで、日本代表として出場した荻田大樹選手(28)=ミズノ=を地元から応援しようと香川県観音寺市の大野原会館でパブリックビューイング(PV)が開かれ、荻田選手の母校の後輩や恩師ら約400人が声援を送った。荻田選手は同市出身。同市立大野原中、観音寺第一高で陸上部に所属し、高校3年の時には国体少年男子Aの部で優勝するなど活躍。中学の時に指導した尾藤博肇さん(46)は競技開始前に「当時から強くなると思っていた。全力で五輪での競技を楽しんでほしい」と期待を寄せた。PVの参加者は「跳べ、リオの大空で!」と書かれたバルーンスティックを手に打ち鳴らして声援を送った。荻田選手は5メートル30センチ、5メートル45センチの跳躍を危なげなく成功させたが、5メートル60センチで3本連続失敗し、21位に終わった。観音寺一高2年で陸上部の小野想太君(17)は「惜しかったけど、大舞台で活躍する姿が格好良かった。荻田先輩のように跳べるよう自分も力をつけたい」。同校2年、小野弘貴君(17)は「荻田先輩は僕たちの誇り。次の東京五輪に向け頑張ってほしい」と話した。
荻田大樹 おぎた ひろき プロフィール
荻田 大樹(おぎたひろき)は、日本の陸上競技選手。専門は棒高跳。
種目 棒高跳
所属 ミズノ
生年月日 1987年12月30日(28歳)
生誕地 香川県
身長 185cm
体重 78kg
自己ベスト 5.70m
オリンピック男子棒高跳び荻田大樹チンコ_02
オリンピック男子棒高跳び荻田大樹チンコが引っかかり敗退の続きを読む

リオオリンピック・バドミントン栗原文音おっぱい谷間胸チラ

リオオリンピック・バドミントン栗原文音(くりはらあやね)おっぱい谷間胸チラ
【五輪バドミントン】数野健太、栗原文音ペア 韓国ペアに敗れるも決勝T進出 混合ダブルス1次リーグ
リオデジャネイロ五輪は大会第9日の13日、リオ中央体育館で、バドミントンの混合ダブルス1次リーグを行い、決勝トーナメント進出を決めているD組の数野健太、栗原文音ペア(日本ユニシス)が、同組最終戦で韓国の高成●(コ・ソンヒョン)、金ハナ・ペア(韓国)と対戦。ゲームカウント0-2で敗れた。同組で3戦2勝1敗となり、2位通過となった。数野、栗原ペアは、接戦となった第1ゲームを23-25で落とし、第2ゲームは相手の堅い守備に阻まれ、17-21で敗れた。日本は初戦でオランダペアに、2戦目で米国ペアにともにストレート勝ちしたが、この試合では世界ランキング2位で試合巧者の韓国ペアの壁にはばまれた。混合ダブルスは、16組が出場し4組ずつ4つのグループに分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各グループの上位2位までが決勝トーナメントに進める。
栗原文音 くりはら あやね プロフィール
栗原文音(くりはら あやね)は、日本の女子バドミントン選手。日本ユニシス実業団バドミントン部所属。ナショナルチームA代表に選出されている。
生年月日 1989年9月27日
年齢 26歳
出身地 福岡県の旗福岡県北九州市
身長 172cm
北九州市立中央中学校、九州国際大学付属高等学校卒業。
リオオリンピック・バドミントン栗原文音おっぱい谷間胸チラ_01
リオオリンピック・バドミントン栗原文音おっぱい谷間胸チラの続きを読む

オリンピック柔道でロシア選手がお漏らし

オリンピック柔道でロシア選手がお漏らし
◆中村美里が銅メダル!日本柔道2日連続メダル-女子52キロ級3位決定戦
3大会連続出場の中村美里(27=三井住友海上)が地元ブラジルのエリカ・ミランダを破り、銅メダルを獲得した。ゴールデンスコアの延長戦で大内刈りの有効を奪った。日本柔道チームは2日連続のメダル獲得となった。中村は08年北京五輪に続く2度目の銅メダルとなった。 準決勝に続き、奥襟をつかまれて頭が下がり、序盤に指導を受ける厳しい展開。そこから攻め続け、残り1分21秒で逆に相手が指導を受けてポイントで並んだ。4分間で決着が付かずに迎えた延長戦では、背負い投げなどで積極的に攻めた。2分22秒に大内刈りで相手を倒し、有効のポイント。苦しみながらも見事な銅メダルを獲得となった。試合後も表情は厳しいまま。「やっぱり金メダルがほしかったので悔しい気持ちです。(準決勝敗戦後)あと1回という気持ちで、間の時間は少なかったんですが切り替えました。苦しい試合でしたが、最後まであきらめず戦いました」と振り返った。
◆「失・禁パンツ」吸収量 不適切表示…注意呼びかけ
漏れた尿を吸収し、繰り返し洗って使えることをうたった「失・禁パンツ」についてテストしたところ、表示された吸収量より大幅に少ない量でしみ出す商品が多数あったことから、国民生活センターが注意を呼びかけている。失・禁パンツは、外観は通常の下着と同様で、紙おむつのような吸水ポリマーは使われておらず、洗って繰り返し使えるとされている。通信販売のほか、ドラッグストアなどで販売され、高齢者の間で関心が高い。同センターによると、失・禁パンツについて、昨年度までの5年間に156件の相談が寄せられた。「表示より少ない量でしみ出した」など、吸収性に関する不満が多い。そこで、同センターが12点を購入し、商品テストを行った。うち、9点は何らかの形で吸収量(15~50cc)が表示されていた。1商品につき5枚を使って吸水量のテストをしたが、5枚全部で表示をクリアした商品はなかった。うち何枚かで表示をクリアした商品は3点だけだった。表示のない3点は、10~35ccでしみ出した。また、商品を何度も洗濯したところ、5cc未満でしみ出すなど、ほとんどが新品状態より吸収量が落ちた。同センターでは、メーカーに表示の改善などを要望した。
オリンピック柔道ロシア選手お漏らし_01
オリンピック柔道でロシア選手がお漏らしの続きを読む

カワイイと話題の新体操フェアリージャパン畠山愛理 画像まとめ

カワイイと話題の新体操フェアリージャパン畠山愛理 画像まとめ
◆リオ五輪 美女アスリートNo.1は畠山愛理?
日本時間の8月6日にいよいよ開幕するリオデジャネイロ五輪。世界中から集った一流アスリートの熱い戦いに胸を躍らせる2週間が始まるが、同時に盛り上がるのが美女アスリートの話題だ。ネットユーザーたちは、すでに日本人美女アスリートへと熱い視線を送っている。美女アスリートの人気No.1との呼び声高いのが、「美しすぎる新体操選手」との異名をもつ新体操の畠山愛理選手だ。2015年のミス日本コンテストでは著名人に贈られる「和田静郎特別顕彰」を受賞するなど、その美しさは折り紙つき。ツイッターでも、「『美人すぎる』という枕詞がインフレ気味でしたが、畠山愛理選手は美人すぎるアスリートという枠を超えて美しいですね」「畠山愛理ちゃん可愛すぎて気絶しそう金メダル決定」「新体操の畠山愛理選手やばくねめちゃくちゃ美人!」と、大人気となっている。
◆畠山愛理ナンパされたら…「そんなに軽くない!」
初の五輪メダル獲得を目指すリオデジャネイロ五輪新体操団体総合日本代表の5人が2日、リオ五輪前最後の合宿地、ブラジル・アラカジュへ成田空港から出発した。2度目の五輪出場の畠山愛理(21)は「自分たちが本番で(本場の)サンバより激しく踊れるように」と誓った。「ロンドンの時は(チーム)最年少で、すごくドキドキというか全てが初めてのことで緊張していた。1度経験している分、今は落ち着いている」。今回は松原に次ぐ年長者になり、仲間へ経験談を伝えるまでに成長して、リオに乗り込む。畠山は昨年のミス日本でコンテスト応募者以外の一般女性を対象として新設された「特別賞(和田静郎特別顕彰)」を受賞。美しさ故に異国の地でナンパされたらと問われると「私はそんなに軽くない!」と笑顔で一蹴した。美人アスリート集団「フェアリージャパン」として悲願のメダルへ華麗な舞を見せる。
■新体操 畠山愛理 リオ五輪女子代表の素顔とは?
小学校の卒業文集に「オリンピックに出たい」と記した畠山。2009年、中学3年で日本代表に選出され、12年のロンドン五輪で念願を果たした。団体戦でメダルを狙える今大会では、中心選手としてチームを引っ張る。そんな畠山だが、代表選出直前には、競技を続けるかやめるか苦悩していた。母の聖子さんが語る。「中学2年の関東ジュニア大会の演技中に大きなケガをしたんです。その後スランプに陥り、3年の関東での成績は散々。協会は推薦枠で全日本ジュニアの出場を認めてくれたんですが、『実力で上がれなかったのに、私が出ていいの』と悩み、毎朝泣きはらした顔で起きてきました。大会2、3日前に学校の保健室で先生に『もうやめたい』と号泣して訴えたそうです。先生は『これを最後に競技はやめなさい。最後なんだから、自分のためだけに演技をしなさい』と言ってくださいました」その言葉に救われた畠山は今でも保健の先生を慕い、恩返しのためリオでの活躍を誓ったという。
畠山愛理 はたけやま あいり プロフィール
出身 東京都
生年月日 1994年8月16日(21歳)
身長 170cm
種目 新体操
日本女子体育大学体育学部在籍中
畠山愛理エロ画像_01
カワイイと話題の新体操フェアリージャパン畠山愛理 画像まとめの続きを読む

Home > スポーツ選手 Archive

PR
週間PCアクセス

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
検索フォーム
記事一覧
* * *

最新コメント
Google検索

WWW検索 ブログ内検索

back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る