Home > 芸術アート Archive

芸術アート カテゴリー6件

博物館無断ヌード撮影で逮捕された女性ヌード画像まとめ

博物館無断ヌード撮影で逮捕された女性ヌード画像まとめ
府中市博物館でヌード撮影、インスタ公開 「許可してるんですか?」の声相次ぐ騒ぎ
東京都府中市の郷土の森博物館で、若い女性らが無許可でヌードを撮影し、インスタグラムなどに写真を投稿していたことが分かった。問い合わせが相次いでおり、博物館側も困惑している。写真には、「5年2組」の札も見える廊下でスカートをまくって裸のお尻を見せたり、教室の窓際でほぼ全裸のヘアヌード姿があったりした。
■5万人近いフォロワーが
 これらは、あるインスタグラムやタンブラーに2016年6月初めに投稿された。写真に写った状況から、郷土の森博物館内で復元された「旧府中尋常高等小学校」の校舎内で撮影されたとみられている。投稿者は、以前からこの博物館で撮影しており、少なくとも15年1月19日にも、ワンピースの服を着て教室の机の上に仰向けになり、足を上げてみせる画像があった。これについて、「課外授業」と映画のタイトルのような紹介をし、履いているハイヒールについて「上履きです」と注釈を入れている。投稿者のインスタグラムには、5万人近いフォロワーがおり、このときは「美脚~!! 」「課外授業受けたいっす」などと次々に書き込まれていた。その後、10月19日には、教室の床にあおむけになり、股間にビデオカメラを入れた画像もあった。このときも、投稿者は、「府中市郷土の森博物館という所です( ´ ▽ ` )ノ」とわざわざ明かしている。大量にある投稿画像は、ヌードばかりではなく、普段の生活をグラビアやアートのように撮ったものも多い。しかし、最近は、フォロワーらの目を気にしてか、週刊誌のヘアヌード写真のようなものが増えている。投稿の中では、「別に芸術とかアートとか言う気はないけど、常に女性の持つ美しさを写したいと思って撮ってます。まあ思ってるだけですけどね。笑」「よく寝転んで撮るけど、単に寝転んだ方が楽だからです。笑」などと説明していた。博物館館長「施設を冒涜するもので、憤っている」
 ただ、過激とも見られる画像が増えたこともあってか、投稿者は、画像を削除されるようになったとも明かしている。
 府中市郷土の森博物館では、J-CASTニュースの取材に対し、投稿された画像のいくつかが旧府中尋常高等小学校の校舎内で撮影されたと認識しているとし、投稿者には撮影の許可を出していないことを明らかにした。校舎内で写真を撮るのは問題ないとしながらも、ヌードなどについては、「公序良俗に反する」として許可していないという。 アートやグラビアのために撮影することについても、公共の社会教育施設であり、目的外の利用は制限しているとして、申請があっても断っているとした。
 ヌード画像の投稿については、情報サイトが取り上げたため、6月23日から「こういうのを許可してるんですか?」といった問い合わせが相次いだ。博物館としては困っているとしたが、警察に通報するかどうかについては明言しなかった。監視カメラが設置されていなかったため無断撮影に気付かず、投稿者についても把握できていないとしている。これまでには、こうした撮影については聞いたことがないという。郷土の森博物館の館長は、「歴史遺産を後世に残すための施設であり、このような行為は施設を冒涜するものです。今回、初めて事実を知って、非常に憤っています。2度とこうしたことが起こらないように対処していきたい」と話している。
博物館無断ヌード撮影逮捕ヌード画像_01
博物館無断ヌード撮影で逮捕された女性ヌード画像まとめの続きを読む

ファッションショーで乳首ポロリ

ファッションショーで乳首ポロリ
◆ファッションショーで乳首ポロリ!
フランスのファッションショーでモデルの服がはだけてしまうハプニングがありました。
キャットウォークを歩くことが仕事のファッションモデルにはいつもこの危険がつきまといます。今回は黒髪美人のモデルがさっそうとかっこよく歩いていると、服の一部がはだけて胸を露出させてしまうハプニングが起きてしまいました。
 この危機を救ってくれたのが、デザイナーのヴィヴィアンヌ・ウェストウッド氏で、彼女は即座に、まだその恥ずかしさに気付いていないモデルのもとへ駆け寄り、服をなおしてあげました。この機転により、ショーは中断することなく少し遅れたのみで順調に進みました。
◆超名門ケンブリッジ大学のファッションショーがポロリ
2月13日に行なわれたケンブリッジ大学でのファッションショー。18歳から25歳までの大学生がモデルを務め、1,000人ほどの観客の前でランウェイを歩いた。中にはトップレスやボンデージスタイル、シースルー素材を採用し乳首が見えてしまっているファッションなど、露出度が高いものもあり、かなり注目を集めたようだ。デザインを手掛けたのは、ケンブリッジの学生や、女性の体型をモチーフにしたデザインが特徴の<Burnt Soul>といったファッションブランド。メディアではそのセクシーさが取りざたされているが、あくまでもこれはチャリティファッションショーで、収益金はサウスロンドンで社会的公正に取り組む団体"ケンブリッジ・ハウス"に寄付されるという。
◆パリのヴァレンティノのファッションショーで、バルバラ・ベルルスコーニ氏が声明
「私がパリに来たのは、イタリア・ファッションの優秀さを支援するためである。ヴァレンティノはこの優秀さをパーフェクトに象徴するものである。近年、同社は所有者が変わったが、同社デザイナーのマリア・グラツィア・キウリおよびピエールパオロ・ピッチョーリ両氏のおかげで、フォームの簡潔さと細部にまで行き届いた配慮を通して引き続きイタリアの先駆的スタイルの典型となっている。女性の女性らしさを高めることに常に優れている。このコレクションの中で、私は特に、忘れられがちのロマンチシズムを思い起こす落ち着いた色彩と流れるようなラインに敬服した」
ファッションショー乳首ポロリ_01
ファッションショーで乳首ポロリの続きを読む

春画展 開催中!!

「春画展」開催中!! 東京都文京区目白台の永青文庫(美術館)にて18禁にて開催中
◆大英博物館の「春画展」 9万人に迫る入場者数の約6割が女性
国内初の「春画展」が9月19日から東京・目白台の永青文庫で開催されている。海外では2000年代から春画の芸術的、文化的な価値が再評価され、フィンランドやスペインなどで展覧会が開かれてきた。最も話題になったのが、2013年10月から2014年1月に英ロンドンの大英博物館で開催された「大春画展」だった。大英博物館の常設展は普段なら無料だが、その時は7ポンド(約1300円)の入場料を徴収し、さらには大英博物館の歴史で初めての「16才未満は保護者同伴」という年齢制限を設けた。それでも会場は多くの入場者でごった返し、入場制限がかかる盛況ぶりだった。
 驚くべきなのは、9万人に迫る入場者数の約6割が女性だったということだ。
 なぜ春画は女性の心を惹きつけたのか。春画に詳しい日本美術史家の早川聞多・国際日本文化研究センター名誉教授が言う。「欧米では女性器を露わに描いた芸術はほとんど存在しないので驚かれましたが、真正面からのエロティックに“下心を感じない”という声がありました。現代のポルノの多くは“男性目線”で作られています。女性の裸体がメインで、視線は必ずこちらを向いています。男性の鑑賞者を意識しているからでしょう。春画は違います。描かれている男女の視線はこちらに向いていません。それは男と女が共に春画を楽しんでいたからです」
 大英の展覧会では女性パネリストだけのシンポジウムも開かれた。そこでは、「女性器を含めて、性の美しさが描かれている」「女性の性を正面から肯定している」という意見が出たという。女絵の第一人者といわれる歌麿の春画の最高傑作の一つとされる作品が『歌満くら』。相手のあごに手をあて、そっと引き寄せる女性。その大胆さに、驚くように薄く目を開く男性――。「春画においては女性も積極的に性の歓びを味わっている様が多く描かれています」(早川氏)
 性の絢爛が描かれた春画を通じ、現代の私たちは江戸時代の「性の豊かさ」を感じることもできる。性をタブー視するカトリック的宗教観が日本にわたってくる以前の江戸のセックスにはほとんど禁忌事項はなかったといわれている。オーラルセックスや複数人でのセックス、媚薬や道具を使っての行為もはばかられることではなかったようで、春画のなかにはそうした場面も数多く描かれている。「女性の性」も明るく、開放的な時代だったのではないだろうか。
春画展_01
春画展 開催中!!の続きを読む

女装に萌えるエロ画像

女装に萌えるエロ画像
女装アートという新ジャンル芸術作品です。顔は女性でカラダが男性だけどかわいいのでドキっとします。
女装写真家 立花奈央子の6年間の活動を収めた展覧会開催
2014年の新語・流行語大賞にノミネートされた言葉の中に「女装子(じょそこ)」がある。ネット上では有名男子校の文化祭でのミスコンテストが可愛いと評判だし、東大話法で知られる経済学者の安冨歩氏は女装する東大教授としてテレビ出演した。映画『海月姫』では、俳優の菅田将暉の女装男子ぶりがカワイイと評判だ。やはり女装は一般化したのか。
女装コーディネーター立花奈央子の個展『女装の軌跡と幸福論』、性別超えた幸せを問う
立花奈央子の個展『女装の軌跡と幸福論』が、1月26日から東京・銀座のヴァニラ画廊で開催される。
立花奈央子は、フォトスタジオ大羊堂を経営し、女装者の撮影や女装講座の講師などを務める女装コーディネーター、写真家、メイクアップアーティスト。女装のスペシャリストとしてテレビや雑誌などで活動し、これまでにジャニーズ事務所所属のアイドルをはじめ、のべ千人におよぶ男性の女装を手掛けている。
『女装の軌跡と幸福論』展では、これまで立花が女装をテーマに制作した初期から最新のプロジェクトまで、約6年間の作品を展示。会場は性別と美に対する立花の認識の変遷を追体験できるような構成となり、性別を超えた幸せの形についての問いを提示するという。
なお、1月31日には立花によるギャラリートークを開催。ゲストとして、加茂碧唯(恥じらいレスキュー)、ヒゲ女装パフォーマーのLadyBeard、美術評論家の宮田徹也が出演する。
女装エロ画像_01
女装に萌えるエロ画像の続きを読む

二次元と三次元が融合したヌードアート画像

二次元と三次元が融合したヌードアート画
Sim Changという香港のクリエイターが発表したFlawless Loveというアート作品群らしいです。
Sim Changフリッカー http://www.flickr.com/photos/sim3000/
Sim Chang FlawlessLove
二次元と三次元が融合したヌードアート画像の続きを読む

会田誠展:天才でごめんなさいがエログロ

会田誠展:天才でごめんなさいがエログロ&ロリです
ただいま森美術館で開催中!3/31まで!
会田誠 あいだまこと プロフィール
会田誠(あいだまこと、1965年10月4日 - )は、日本の現代美術家である。武蔵野美術大学非常勤講師。
生誕 1965年10月4日(47歳)
日本の旗 新潟県
出身校 東京藝術大学
職業 美術家
会田誠は、1990 年代初頭のデビューから、美少女、戦争、サラリーマンなどを題材に、日本の近現代社会 をシニカルに捉えた鮮烈な作品を発表し続けてきた、今日最も注目されている日本の現代 アーティストのひとりです。会田の作品は、日本社会が無意識に共有してきた常識や慣習 などを覆し、隠蔽されてきたタブーやコンプレックス、本音や矛盾を生々しく描き出すた め、見る者に強烈な不快感と同時に爽快感を与えます。このようなきわどく刺激の強い表 現のため、会田は日本の美術界では高い評価を得ているにもかかわらず、これまで美術館 での大規模な個展は開催されてきませんでした。
本展は、初期の代表作から日本未公開作品3 点、最新作8 点を含む約100 点を通して、これまで断片的にしか紹介されてこなかった会田誠の全貌に迫ります。作品 それぞれを社会的、美術史的文脈から読み解くことで、複雑で多面的な会田の世界観は、 日本社会の縮図としても見えてくるでしょう。国民一人ひとりが日本のあるべき姿、向か うべき方向を改めて問い直そうとしている今、歴史をどう捉え、内憂外患にどう対峙して いくのか、会田誠を媒介にさまざまな議論が生まれることを期待します。
会田誠
会田誠展:天才でごめんなさいがエログロの続きを読む

Home > 芸術アート Archive

PR
週間PCアクセス

週間スマホアクセス

アクセスランキング アクセスランキング ページランキング
検索フォーム
記事一覧
* * *

最新コメント
Google検索

WWW検索 ブログ内検索

back to top
おすすめクリック

このページのTOPへ戻る